オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
街の屋根やさん
街の>屋根やさん
街の屋根やさん

屋根工事コラム

高島市の皆さん、今回は屋根材別の風災対策についてご紹介していこうと思います。最近では台風の被害もとても深刻になってきています。記事を最後まで読んで頂いて、皆さんのお宅の屋根を風災から守りましょう。

カラーベスト別アングル

カラーベストの劣化に悩んでいる方に劣化症状別の最適なメンテナンス方法について解説していこうと思います。皆さんの中には自分の家の屋根がカラーベストで劣化しているのか気になる・または劣化に気付いており、悩んでいるという方いらっしゃると思います。

漆喰には瓦と瓦を接着したり、雨が侵入したりしないようにする役割りがあり、耐用年数は7~10年なので、定期なメンテナンスが必要です。漆喰が劣化して剥がれてしまうと、雨水が屋根の中に浸入して雨漏りが発生することもあります。

瓦欠け部コーキング補修

屋根点検を行わずにずっと暮らしていると屋根は勿論経年劣化を起こしますので、どんどん弱っていきます。次第に弱っている屋根をそのままにして暮らしているとどんなことが起こるかは皆さんも想像が出来ると思います。

棟板金はスレート屋根の屋根と屋根の接合部分に配置され、貫板に釘で固定されています。棟板金は固定している釘の抜けだしや錆び、木製の貫板が経年劣化といった原因で、ガタツキが大きくなり、風に煽られると異音が発生します。

漆喰欠け

漆喰が劣化してしまうとデメリットが多いので、そうならないために行う漆喰詰め直し工事について解説していきます。漆喰は雨漏りを防いでくれる役割を果たしていたり、瓦をつなぎ合わせてくれる役割を持っているので家を良い状態で保つためには欠かせない存在となっています。

屋根工事の見積もりには、既存屋根材の撤去や処理、下地の補修、防水シート、新しい屋根材の設置、足場や諸経費といった項目に金額が書かれて渡されることが多いです。必要な工事が記入されているか確認されることをお勧めします。

守山市の方へ、皆さんは床下の湿気対策を考えた事ありますか??今回は床下の湿気対策についてどのような対策方法があるかご紹介します。床下の湿気対策をして長持ちする快適な住宅にしてください。

塗り替えが行えない屋根の多くは、ノンアスベスト切り替え時期に生産された屋根材です。ノンアスベストの屋根材以外にも、経年劣化の進行が著しい場合は、塗り替えができないことがあります。塗り替えられない屋根は、既存の屋根材の上から新しい屋根材を被せるカバー工法で対応します。

高島市の皆さん、今年はなかなか梅雨も明けず雨の日が多くその中でも局地的な豪雨によって土砂災害の被害も多く取り上げられています。そこで今回は土砂災害の前兆についてご紹介するので参考にしてください。

既存棟板金撤去

皆さんは板金が浮いてしまっており、修理しなくてはいけないのかな?と疑問に思ったことありませんでしょうか?板金が劣化している場合には早急に修理が必要になってきます。劣化しているのにも関わらず修理をしないで放置してしまっていると、雨漏りを起こしてしまう可能性があります。

住宅のように壁がないテラスやカーポートは10年に1度は修理したほうが安心です。テラスやカーポートの波板修理に使う素材は、ポリカーボネート製の波板がおすすめです。最後までご覧ください。

雨漏れしている物置内部

屋根の雨漏り修理を行う際の方法について、一般的な応急処置の方法・屋根別の修理方法について解説していきます。雨漏りを経験されたことがある方であれば把握していると思いますが、まだ雨漏りの経験がない方の中には修理方法や応急処置の方法について知らないといった方も多いと思います。

瓦屋根にひび割れが発生する原因には、飛来物をはじめ、アンテナ、エアコンの室外機、貫板を固定している釘、水があります。瓦屋根にひび割れが発生することで雨漏りの原因になります。

屋根裏に溜まった熱気や結露によって屋根裏の木材が腐食したり、シロアリが発生して木材を食い荒らしてしまったりすることがあります。換気塔を設置することで屋根裏に溜まる熱気や結露を対策できます。

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!
0120-661-181