オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください

屋根工事コラム

塩ビの波板は、低価格で加工しやすいので、カーポートやベランダの屋根材として使われることが多いです。 ポリカの波板は、優れた耐久性を誇り、耐用年数は10年程度となっています。 アルミの波板は高強度かつ軽量なので、倉庫屋根材に使われることが多いです。 波板は、経年劣化以外に、台風による強風で煽られたり、雪が積もったりして傷むことがあり、部分的に交換すると、見た目に悪くなってしまうので、全ての波板を交換したほうがよいでしょう。

雨樋は、屋根に降った雨水を集めて、下水へ流す役割りがあります。 雨樋は経年劣化すると詰まり、穴あき、割れ、変形、外れが発生することがあり、雨漏りの原因になることもあります。 もし、水を流しても雨樋の詰まりが解消できなかったら、針金を雨樋に通した後、針金の先に布を結んでから、引っ張って詰まりを解消させます。 雨樋の傷みが酷い場合は、雨樋を交換する方法があります。

ベランダ屋根の種類については、塩化ビニル、ガラスネット、アクリル板、ポリカーボネート、金属があります。透明度が高く強いポリカーボネートは、10年以上の耐用年数があるため、ベランダ屋根によくかわれている素材です。木材や金属の柱や梁が部分的に傷んでいる場合は、傷んでいる部分だけを修理します。ベランダ屋根の修理は高所作業が伴い危険なので、専門業者に依頼したほうがいいでしょう。

屋根があるテラスは、雨や日光を遮ってくれるだけではなく、上からの視線を遮ってくるので、プライバシーの保護にも役立つことがあります。 テラス屋根の屋根材に使われている材質は、ポリカーボネート、折板屋根、塩化ビニール、ガーデンハットがあります。 台風の強風や雪の重みによって、テラス屋根の支柱が曲がったり、折れたりすることがあるので修理が必要になることがあります。 テラス屋根だけが破損した場合、屋根材を交換することで修理できます。

台風被害によって住宅が損傷するだけではなく、人がケガをすることもあります。 台風被害に遭わないように屋根や外壁は定期的に点検して、必要であれば修理したほうがよいと思います。 火災保険の対象は、建物だけ、家財だけ、建物と家財の3つの中から選択することがあります。 保険法で一般的に保険金の請求期限は3年となっているので、注意が必要です。 火災保険は、保険金額を限度として損害保険金が支払われますが、実際は、損害保険金から免責金額を差し引いた金額になります。

防水層と下地を密着させる密着工法と防水層と下地を密着させない絶縁工法があります。 大体、10年前後経過したら点検を行って、表面にひび割れなど傷みが発生していたら、トップコートを塗ります。防水リフォームの種類には、アスファルト防水と塩ビシート防水、ゴムシート防水、塗膜防水があります。

チョーキング現象が発生したら、塗料の防水機能が低下しているので塗り替えが必要です。 スレートの亀裂が進行して欠損したり、反ったスレートが強風で煽られて欠損したりして、ルーフィングが露出し劣化が進行し穴が開くことで、雨漏りが発生するので、部分的なメンテナンスが必要です。 スレート屋根の全面的なメンテナンスとして挙げられるのが、葺き替えと重ね葺きとなっています。

棟板金が台風によって、変形したり、飛ばされたりしたら、新しい棟板金を取り付けて屋根修理します。 スレートに反りが発生したら交換、亀裂が発生したらシーリング材などで亀裂を修復します。 曲がったり、破損したりした雨どいは、新しいものに交換して屋根修理します。 屋根が損傷を受けたと認められれば、屋根を修理する費用が火災保険で補償されることがあります。

衝撃を受けて破損した瓦を取り除き、新しい瓦を差し込むことで修理します。 衝撃を受けてズレた和瓦は元に位置にもどして修理します。 漆喰が剥がれた場合、剥がれた部分に、漆喰を充填して修理します。 雨漏りが広範囲に広がっている場合は、和瓦屋根の葺き替えや葺き直しといった修理を行います。

広範囲に雨漏りや屋根材の傷みが発生している場合、葺き替え工事や重ね葺き工事を行うことがあります。 チョーキング現象が発生したら屋根塗装工事が必要です。 瓦屋根の漆喰が剥がれて落下することがあるので、詰め直し工事を行います。 棟板金が変形したり、落下したりした場合、新しい棟板金に交換する工事を行います。

大規模修繕工事は、主に老朽化したビルに発生する不具合を未然に防止するために行います。 大規模修繕工事の内容は、塗装工事をはじめ、シーリング工事、防水工事、設備工事などとなっています。 屋根や外壁などの大規模修繕工事は12年周期で実施するのが一般的だといわれています。 大規模修繕工事は、状況の確認や聞き取り、現地調査や劣化診断、改修提案、工事決定、着工や工程内検査を経て完了。

ご自分が住んでいる住宅からできるだけ近い場所に屋根修理業者を選びましょう。 業績が分かる屋根修理業者は、初めて屋根の修理やリフォームを頼む際に安心です。 屋根修理業者の仕事は、屋根の状況を撮影した画像をもとに不具合をしっかり説明して、対策方法を説明できることは基本です。保証やリフォーム瑕疵保険に対応している屋根修理業者を選ぶようにしましょう。

屋根修理を行う業者が提案する修理の方法がベストだと考えられますが、屋根診断を依頼したお客さんの意向も反映することができるのが信頼できる業者と考えられます。 いきなり自宅に押し掛ける業者の殆どは、地域からの信頼がありません

瓦葺き状況

和瓦屋根の葺き替え工事では瓦屋根に使われている部材を新しいもの交換する工事です。雨漏りなどの不具合が完全に修理できるメリットがあります。 複数個所雨が漏れている場合は有効的な工事です。

屋根葺き替え工事を行うことで、雨漏りが完全に止めることができる上、見た目が良くなったり、耐震性が向上したりするメリットがあります。 屋根葺き替え工事には費用と時間がかかるデメリットがあります。

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!
0120-661-181