オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

守山市の和瓦屋根の雨漏り点検を行いました


守山市の皆様、お世話になっております。 
街の屋根やさんびわ湖大橋店の熊谷です。

守山市にある瓦屋根のお客様から
「瓦屋根から雨漏りしているので一度家まで来てほしい!」
とお問合せをいただき、その日に雨漏り点検に伺いましたので紹介致します。


このブログでは・・・
・瓦屋根が雨漏りしてしまう原因
・ご自身で屋根に上がって作業をする危険性

について詳しく触れています。是非最後までご覧ください!


  関連ページ  
~雨漏り修理についてもっと詳しい記事~
雨漏り修理・雨漏り改修工事は街の屋根やさんへ

お客様情報

住所
守山市
35年
構造
木造2階建て
屋根
和瓦(素焼き)
メンテナンス
15年前に一部瓦葺き直し

雨漏り点検開始します

1-70-columns1
大きくて立派なお宅です
2-58-columns1
「まず室内をみてほしい」と室内の様子を見せていただきました。
見ると天井のクロスにシミができているのを発見しました。

黄ばんでいるのがわかりすでしょうか?
長期的に雨漏りしているとこのようにシミができていしまいます。
恐らくここ数日で発生した雨漏りではないです。

その周囲のクロスは一部浮いています。
湿気でしょうか、触るとブカブカでした。


3-61-columns1
お客様のお話では「強い雨が降ると、短時間でバケツ交換が必要な量が漏れてきて困っている」とのことです。  

屋根の瓦が割れていたり、劣化したりして、下地に隙間ができているのだろうか・・・
と考えながら。屋根に上らせて頂きました。


4-61-columns1
屋根にあがると、お客様自身でされたビニール養生が残されていました。 
お客様にお話しを伺うと、「前回の大雨以降恐ろしくなり、怖いながら屋根に上がって作業をした」とのことです。
 
「雨があがったので、恐る恐る屋根に上がってひとりで養生をしたんです」と笑いながらお話しいただきました。

お客様自身で養生されるのは良く伺う話なのですが、雨があがっても瓦が濡れている場合は屋根に上がるのは非常に危険です。

瓦の表面が雨に濡れると、大変滑りやすい状態に変わるからです。
お客様のお気持ちは十分理解できます。
どうしてもの場合は、どうか瓦が完全に乾いてから上がられるようにされてください。

(ちなみに私も瓦が少しでも濡れた場合は上がりません。工事中に雨に打たれた場合は下りずにそのまま軒先に待機することがあります)

とはいえ、養生作業は屋根に上るので高所作業となり危険です。できる限り屋根業者に依頼されることが良いと思います。

養生する材料はホームセンターで買えても、命はホームセンターでは買えません。


瓦めくり
瓦をめくってみました
葺き土劣化
葺き土が劣化、防水シートなし、下地穴あき確認(写真中央)
雨漏り周辺の瓦をめくってみました。
葺き土が劣化して乾燥し割れたり・ボロボロになっていたりすることがわかりますね。 

 よくみると、木下地に隙間ができています。
 一次防水である瓦は割れていないので、丈夫であることから考えると、強雨の時に漏れてくるというのが納得いきますね。 

つまり吹上るような雨風や瓦に流れる水の量が多いと、瓦の隙間から雨水が進入し、下地の隙間から雨漏りを起こすということです。

この後、何か所かめくらせていただきましたがすべて同じ状態でした。


  関連ページ  
~雨漏りしている瓦屋根の修理工事(動画で分かりやすい)~
栗東市の釉薬瓦屋根の雨漏り修理とメンテナンス(動画付き)

43cc261b17456f03c979e019df2cc47b-columns1
瓦屋根は2つの防水仕様でできています。
一次防水は先ほどにもあるように瓦です。
二次防水は瓦の下の葺き土または防水シートです。

つまり瓦が割れても葺き土や防水シートがしっかりしていれば原則漏れることはありません。

ですが、今回は経年劣化で二次防水と木下地(野地板)が傷んでいるので、瓦と瓦の隙間から雨が入り込んでしまうと簡単に雨が入り込んでしまうんです。
ザルに水をかけ流しているようなものです。
8-26-columns2
下り棟の漆喰剥がれ
9-16-columns2
伏間瓦がガタガタで固定されていません
棟ですが全箇所の伏間瓦がガタガタしているのを発見致しました。
酷いところでは上に乗っかっているだけの瓦もあります。
こちらも早めのメンテナンスが必要です。

放置してしまうと、雨漏りや棟の崩壊に繋がります。
なかなか普段目にすることはありませんが、気にかけておきたいポイントです。

【守山市雨漏り点検】ご提案内容

・雨漏れ箇所:瓦屋根葺き直し(葺き土撤去、構造用合板増し張り、桟葺き)
・棟:伏間瓦コーキング固定(熨斗はしっかりしていたので)
・その他:雑補修(しっくいかなこ)
瓦屋根葺き直し
瓦屋根葺き直し
伏間瓦コーキング固定
伏間瓦コーキング固定
しっくいかなこ補修
雑補修(しっくいかなこ補修)

【守山市雨漏り点検】お客様の反応

お客様は「一緒に点検することができ、安心することができた」とおっしゃっておられました。 

今回のように、専門業者に点検を依頼した結果、瓦屋根の傷みがかなり進行してることがあるので、早めにお問い合わせを頂く事が重要だと考えております。  

雨漏りに限らず、ご相談をいただきましたら早急に伺いますのでお気軽にご連絡ください。
お客様との写真
<メールでご相談>

<電話でご相談>
0120-661-181(私し、熊谷がお伺い致します)

同じ工事を行った施工事例

施工事例

草津市にて台風で被害を受けた淡路瓦の補修工事について

平面瓦取替前
着工前確認
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
和型淡路瓦(桟瓦、冠瓦、熨斗瓦)
築年数
約35年
建坪
桟瓦差し替え3枚、棟一部補修、熨斗瓦一部補修
保証
工事費用
3万4千円
施工事例

高島市にて銅めっき製の雨樋補修と隅棟漆喰補修工事について

破損した樋
完成
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
雨樋交換
使用素材
銅めっき製の雨樋(集水器・竪樋・エルボ・継ぎ手)、南蛮漆喰(白色)
築年数
約20年
建坪
雨樋1箇所、南蛮漆喰補修1箇所
保証
工事費用
4万円
施工事例

大津市和邇にていぶし瓦葺きの屋根の修理工事について

現況
修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
使用素材
日本瓦(いぶし)、漆喰(白色)
築年数
約10年
建坪
ケラバ補修、桟瓦5枚差し替え、漆喰詰め直し
保証
工事費用
4万円

同じ地域の施工事例

施工事例

守山市にあるマンションの大屋根及び下屋防水工事について

撤去完了
完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
防水工事
足場
使用素材
アスファルトシングル、塩ビシート、アスファルトルーフィング(防水シート)
築年数
約30年
建坪
約400㎡
保証
10年
工事費用
4,000,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

修理している

高島市の皆さん、こんにちは。びわ湖大橋店の熊谷です。本日は屋根修繕についてお話しさせていただこうと思います。皆さんは「屋根修繕」といえばどのような事を思い浮かべますでしょうか??今回は詳しくご紹介していきますので、屋根に不具合やお悩みをお抱...........

はしご

草津市のみなさん、こんにちは。街の屋根やさんびわ湖大橋店 熊谷です。先日完了致しました草津市にある雨漏りでお困りの瓦棒屋根の部分カバー工事の紹介させていただきます。こちらのお客様の養生作業ブログや現場調査ブログもありますので是非ご覧ください...........

雨漏りしているスレート屋根

高島市にて「屋根から雨漏りしているので見に来てくれませんか?」とお客様よりお問い合わせをいただき、本日伺ってまいりましたので紹介させていただきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181