オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の皆さん!!間違った屋根リフォームを検討していませんか??


別棟写真です
お客様とお話しする中で、屋根リフォームについて勘違いされている方が結構いらっしゃるので
今回は屋根リフォームについて詳しくご紹介していこうと思います。
まず、普段の生活の中でなかなか目にする事のない屋根です。屋根材が割れてしまっていても
不都合がなく暮らす事ができますよね??
しかし、屋根のリフォームを後回しにしてしまうと建物内部や構造部まで水が侵入してしまい
建物本体の劣化が進んでしまいます。
すると雨漏りが発生したり、建物本体の寿命が短くなってしまい大切なお住まいに
長く住むことができなくなってしまいます。

屋根リフォームの種類

■屋根葺き替え工事
葺き替え工事は既存の屋根材や下地まですべてを撤去します。
撤去後に、下地の張替え⇒防水シート張り⇒新規屋根材葺きの工法で進めていきます。
既存の物はすべて撤去して新しい物になるので、屋根工事の中では一番大掛かりな工事になり
費用もかかります。

■重ね葺き(カバー工法)
既存の屋根材を高圧洗浄してから乾燥させ、防水シート張り⇒ガルバリウム鋼板張りの
工程で進めていきます。重ね葺きは既存の屋根材に新しい屋根材を被せていく工法です。
また、瓦屋根のお宅はカバー工法を行う事ができません。

■部分的な補修工事
部分的な補修工事は色々な種類があります。
・雨漏りが発生してしまった時の部分的な補修工事
・棟部分の漆喰取り直し工事
・板金部分の釘浮き補修
屋根の全体の工事ではなく、一部分の手直しのような工事になります。

どの工事がご自宅の屋根に必要か??

屋根のリフォーム工事ですが、ご自宅の屋根の状態や環境等により
行った方が良い工事が異なります。
どのような屋根にどのような工事が必要なのかご紹介します。

葺き替え工事が必要な場合
既存の屋根材にもよりますが、築20~30年での検討をオススメします。
コロニアルなどのスレート系の屋根材は他の屋根材に比べて劣化が早いため
早めの葺き替え工事が必要になります。
瓦屋根の場合は、しっかりとメンテナンスを行っていれば耐久性が高いので
スレート系の屋根材より遅い検討で大丈夫でしょう。

重ね葺き(カバー工法)が必要な場合
既存の屋根がコロニアルなどのスレート系屋根で、あまり傷みが発生していない
場合にオススメです。
カバー工法の場合は既存の屋根や下地の上から重ね葺きしていくので
あくまでも、下地や既存屋根にあまり傷みが発生していないという条件が必要です。

補修工事が必要な場合
補修工事は時期的な物ではなく、台風や大雨、強風、地震の後などに
瓦が割れてしまったり、屋根材が剥がれてしまうなどの症状の出た際に行います。
気づかずにそのまま放置してしまうと、やがて雨漏りに繋がり
部分補修ではなく、カバー工法や葺き替え工事などを行わないといけなくなってしまいます。

まとめ

今回は、屋根のリフォームについてご検討されている方などの
お役に立てるよう、どのような工事がありどのような時に工事が必要なのかを
簡単にまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

高島市以外の皆さんも、屋根の事でお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181