オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

耐震性に優れた屋根材は??地震と屋根の関係


country-house-540796_1920-columns1
屋根ですべての耐震ができるわけではないのですが、屋根が重いと大きな地震が
来た際に壁や柱に大きな負担がかかる事は分かりますね。

屋根材の中でもっとも重いのはやはり日本瓦になります。
屋根が重くても太くて大きな柱があったり耐力性のある壁がバランスよく
配置されてるような家であれば問題はありませんが、水が侵入してしまい
柱が水分を吸って腐っていたりすると耐震性は軽減されてしまいます。

耐震を考えた時にしておいた方が良い事とは??

まず一番最初に考えられることはスレートやガルバニウム鋼鈑の屋根材に
葺き替えることが一番のオススメですが、外観上難しかったりとそういう時には
防災瓦などに変える事も視野に入れておくと良いと思います。

葺き替え工事はだいぶ大掛かりな工事になってしまうので
劣化がひどくなる前に日々の点検やメンテナンスをまめに行いましょう。
瓦が割れていないか?剥がれていないか?など屋根の上に上ることは
大変危険なのでご自身で確認できる程度の事はして
しっかり確認する際は業者に頼んで点検してもらいましょう。

耐震性に優れた屋根材と特徴について

ガルバニウム鋼鈑屋根
とても重量が軽く寿命も50年と長いです。
メンテナンス時期も20年と言われているので20年はメンテナンスフリー
というのが特徴の屋根材です。

化粧スレート
こちらも重量は軽く丈夫な屋根材です。カラーバリエーションも豊富で
近年はこちらの屋根材は多く使われています。
寿命は25~40年と少し短く強度があまり強くないので割れやすいのが特徴です。

防災瓦
日本瓦よりも軽量化された瓦になりますが、やはりガルバニウム鋼鈑や
化粧スレートに比べると重さがあります。
遮音性や断熱性も高く防水性も高いのですが、施工の時に他の屋根材より
手間がかかる為、施工費用がかかるのが特徴です。

まとめ

屋根にトラブルがあると色々なとこに付随して影響が出てきます。
例えば雨漏りをそのまま放置してしまうと家の強度にも関わってきます。
屋根材には色々な種類や特徴がありますが、地震や災害などいざという時に
耐えられるお家であってもらうために、やはり定期的な点検やメンテナンスが
大切になってきます。

屋根の事でお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。




信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181