オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

守山市の皆さん!!屋根の寿命ってご存じですか?


house-3362676_640
今回は屋根の寿命について考えてみましょう!!
屋根材や下地にはそれぞれ耐用年数があります。耐用年数を過ぎてもそのまま放って
おくと耐震性にも影響して大事になってしまう恐れがあります。
そこで、今回は屋根材や下地などの耐震性についてご紹介していきます。
屋根にとって良い状態とは、雨漏れや表面の劣化、板金の浮きや漆喰の剥がれなど
不具合が起こる原因がない状態の事を言います。

屋根の耐用年数を決めているのは屋根材の耐用年数が大きく関係してきます。
しかし、屋根材が大丈夫であっても内部が傷んでるケースも少なくありません。
屋根材が良好、屋根材の内部が良好、この2つが揃ってはじめて屋根が良い状態と言えます。

屋根材ごとの耐用年数

屋根材は1つ1つ材質も違うように耐用年数も変わってきます。
そこで屋根材別の耐用年数をご紹介します。

■トタン屋根     15年前後
■コロニアル屋根   20年前後
■セメント瓦     30年前後
■ガルバリウム鋼板  30年前後
■陶器瓦       50~100年
■粘土瓦       50~100年

このように屋根材ごとに耐用年数も変わってきます。1つ注意する点は
あくまでも定期的なメンテナンス(塗装工事等)をしっかりとしている場合の
耐久年数です。
自然災害などで不具合が発生する場合もあるので要注意です!!

 

屋根の内部の耐用年数

屋根の内部の劣化についての耐用年数は家によって全く違うのが現実です。
そこで重要になってくるのは防水シートです。最近の防水シートはアスファルトルーフィングと
呼ばれる、厚みがあり高い防水性があるため耐用年数は30年と言われている物もあります。
20年以上前に建てた家ではアスファルトルーフィングが使用されてない場合があるので
その場合は15~20年程度で劣化してきます。

まとめ

今回は、屋根の寿命についてお話ししました。
屋根材や下地材それぞれに耐用年数があるんですね。

では耐用年数が過ぎてしまっていたらどうしたら良いのか??と思いますよね?
そのような場合は、まず『屋根の調査』を依頼しましょう。
普段、目にする事のない場所だからこそ定期的なメンテナンスはきちんとして
良い状態を保ちましょう。

守山市以外の皆さんも、屋根の事でお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181