オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市のみなさん!瓦屋根のメリット、デメリットについて解説します!!


b9065f5b7940882939c0506e2bdd006a_s
皆さん、瓦屋根のメリットやデメリットってご存じですか??
瓦屋根のお宅はまだまだありますね。
日本では昔から多く使われている屋根材ですが、どのような役割を果たしているか
分からない方も多いのではないでしょうか??
性質やメリット・デメリットについて知る事で、より快適に費用をかけずに
屋根リフォームを行う事ができるでしょう。

瓦屋根のメリット

■スレート屋根や他の屋根材に比べて断熱性が高い
瓦屋根は他の屋根材に比べて断熱性が高いのが特徴です。
そもそも断熱性とは熱が外に出たり中に伝わったりする熱伝達を減少してくれる事を
いいますが、熱を反射してくれる遮熱性とは違うので注意してくださいね。

コロニアルやスレート屋根はアスファルトルーフィングの上に直接ビスを打ちますが
瓦の場合は瓦棒に固定するため、空気の層ができます。これも熱が伝わりにくくなる要因です。
断熱性が高いという事は、夏は涼しく冬は暖かく快適に過ごせます。

■遮音性がある
断熱性と同じく遮音性もあります。
金属製の屋根材などは遮音性が弱い屋根材なので、主に倉庫に使用されたりします。
そのような倉庫の中にいると、雨音がすごく聞こえてきます。
しかし瓦屋根が施工してある場合は、このような事はほとんどありません。

■1番長持ち
瓦屋根はセメント瓦、陶器瓦、モニエル瓦などいくつか種類があります。
どの瓦も他の屋根材に比べると耐久性が高く、屋根材本体が劣化しにくいです。
中にはメンテナンスフリーの物もあり、半永久的に使用できる瓦もあります。
とても耐久性に優れているので、何度も補修や葺き替えを繰り返す事もなく
数回の補修で済む事がほとんどです。

■デザインが豊富
瓦の屋根には、色々なデザインや色があります。
和風や洋風の表現もしっかりとしてくれるので、個性を出す事ができ
自分の好みにあった瓦を選ぶ事ができます。

瓦屋根のデメリット

■屋根の重さが重たい
デメリットとして1番にあげられるのは重さだと思います。
屋根が重いという事は耐震性が弱くなると言われています。
阪神淡路大震災などで日本家屋が多く倒壊していたのを見て認識が広まりました。
最近の家は耐震性もしっかりしているので安心ですが、数十年前に建てられら方などは
一度、耐震検査をしておくと安心できます。

■値段が高い
他の屋根材に比べて、屋根材の重さが重たい事や価格が高いため
瓦屋根を施工すると費用が高くなります。
しかし、瓦屋根にはメンテナンスフリーの物もあるので定期的なメンテナンスに必要な
費用は抑える事ができます。
1回に必要な費用は高額ですが、長い目で見ればお得な商品とも言えます。

■重ね葺き(カバー工法)ができない
瓦屋根は重ね葺き(カバー工法)を行う事ができません。
重ね張りはコロニアルなどのスレート屋根にルーフィングを張り、ガルバリウム鋼板を
重ねていく工法で、既存の屋根材を撤去する必要がないので人気の工事になっていますが
瓦の場合は厚さや凹凸があるのでカバー工法はできません。

まとめ

今回は瓦屋根についてご紹介しました。
どのような屋根材にもメリット、デメリットがありますが
正しい知識を持って、定期的な点検やメンテナンスを行い快適に過ごせるようにしましょう。

高島市以外のの皆さんも、屋根の事などで
お悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181