オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市でカラーベストの劣化に悩んでいる方へ


カラーベスト別アングル
カラーベスト(アーバニーグラッサ)の劣化(※この材料は塗装できません!)
カラーベスト塗装前
カラーベスト(コロニアル)の劣化
皆さんの中には自分の家の屋根がカラーベストで劣化しているのか気になる・または劣化に気付いており、悩んでいるという方いらっしゃると思います。
そこでなのですが、劣化している症状によってメンテナンス方法が異なってくることを皆さんはご存じでしょうか?

しっかりとその症状にあったメンテナンスを行っていないと、本来であればもっと長い間寿命があるはずなのにも関わらず、短期間で交換せざる負えなくなってしまいます。
そうなってしまわないようにこの記事ではカラーベストの劣化症状別にメンテナンス方法をそれぞれ解説していこうと思います。
自分の家の屋根がカラーベストの方で劣化が気になっている方・悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

カラーベストのメンテナンス施工方法の種類

カラーベストには様々な劣化症状が見られます。
それぞれの劣化症状に合っているメンテナンス方法について解説します。

色褪せ

カラーベストは経年劣化を起こすことによって色が褪せてきてしまうことが多々あります。
色褪せが起こってしまうということは塗膜の耐久性が低下してしまっている状態となっています。
このままの状態でずっと置いておくと、外観・防水性は悪化していく一方で、状態は今後さらに悪くなってしまいます。
そのため「塗り替え」を行うことをおすすめしています。

コケやカビの発生

塗膜の防水機能が低下することによって屋根材に水が溜まりやすくなってしまいます。
屋根材に水が溜まることでコケやカビといった劣化症状が見られるようになります。
カラーベストを中性化させてしまい、脆く弱体化させてしまいかねません。
メンテナンスとしては「塗り替え」をおすすめしており、施工前に高圧洗浄を使用してコケ・カビといった汚れを徹底的に除去してから「塗り替え」を行ってください。

ひび割れ

台風による強風や雨・地震による揺れなどといった様々な要因でカラーベストがひび割れを起こしてしまう場合や、欠けてしまうことがあります。
放置してしまうと雨漏りの原因になってしまうだけではなく、欠けてしまった部品が落下してしまって事故に繋がる危険性だって十分に考えられます。

そのためひび割れ・欠けが軽傷であれば「塗り替え」、重度であれば「葺き替え工事」を行うようにしましょう。

反り

カラーベストに関しては塗膜の防水性が低下してしまうとカラーベストが反ってしまうことがあります。
カラーベストは一度反ってしまうと横殴りの雨に対応できなくなり、室内に水が侵入してしまいます。

そうならないためのメンテナンス方法としては「塗り替え」か「カバー工法」をおすすめしています。
ですが「塗り替え」に関しては行ったとしても反りお根本的な改善には至らず、あくまで痛み止め的な存在でしかありません。
そのため最も効果的なのは「カバー工法」となっています。
反りが劣化症状として見られているということは他の部分にも劣化が進行している可能性がとても高いです。
なので反りを発見したら、「カバー工法」を行うようにしましょう。

コロニアルグラッサ葺替え完了
塗り替え

カラーベストの表面の汚れを高圧洗浄で落とし、塗料で下塗りを一回、上塗りを二回という合計三回の行程を行う方法となっています。

カバー工法

カバー工法は塗り替えよりも高額な施工費用がかかってきますが、劣化がひどい場合に用いられるケースが多いです。
既存の屋根の上に新品の屋根をそのまま被せる方法となっています。

葺き替え

既存の屋根材をすべて撤去して新しい屋根材を吹き替える方法です。廃材処分費がかかり、費用が比較的高額になるのがデメリットです。

まとめ

コロニアル撤去
コロニアルグラッサ葺替え完了
無地カバーできました!
今回はカラーベストの劣化に悩んでいる方に向けて症状別の最適なメンテナンス方法について解説してきました。
症状によってメンテナンス方法は異なっており、それぞれのメンテナンス方法についてしっかりと把握し、メンテナンスを行うようにしましょう。

草津市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181