オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へ、自分で屋根点検を行いたい方必見!屋根点検方法


瓦欠け部コーキング補修
隅棟の紐丸瓦の歪み
皆さんは屋根点検をしっかりと行っていますでしょうか?
屋根点検を行わずにずっと暮らしていると屋根は勿論経年劣化を起こしますので、どんどん弱っていきます。
次第に弱っている屋根をそのままにして暮らしているとどんなことが起こるかは皆さんも想像が出来ると思います。

屋根材のひび割れ・欠け・カビが生える・コケが生えるといった様々な症状が原因となって、雨漏りの原因になってしまいかねません。
雨漏りが起こってしまうと修理を行う必要がありますし、高額な費用もかかってきてしまいます。
そうならないためにもこの記事では屋根材別の屋根点検方法について解説していこうと思いますので是非、参考にしてみてください。

屋根の点検方法

コロニアルグラッサ
スレート屋根の全体を見ます!
苔の生えたコロニアル屋根
コロニアルに苔が生えています!
淡路瓦補修状況
瓦屋根

瓦屋根の屋根点検に関しては、まず瓦屋根に登って目視で棟のズレ・棟番線のズレ・瓦のひび割れが起こっていないかどうか確認します。
そして平部の瓦のズレを確認します。
その際には瓦を横から眺めてみて水平ラインが出ているかどうか確認しましょう。

次に瓦の形状を確認します。
自分の家の瓦の規格をしっかりと把握するために大きさ・形状・色といった部分を確認します。
そして瓦が何によって固定されているのかを点検します。
瓦を持ち上げて確認するのですが、導線吊り・鉄クギ・亜鉛クギ・黄銅クギ・ステンレスクギと言うように様々な種類があります。

その次は下地を確認します。
下地が木なのかどうか、ルーフィングの状態はどうなっているのかということを点検します。
ここまでが瓦屋根の屋根点検方法となっており、ルーフィングの損傷が激しい場合は葺き替えすることをおすすめします。

スレート屋根

瓦屋根と同様にスレート屋根に登ってまずは全体を目視で確認します。
その際に重点的に見なくてはいけない点として挙げられるのはスレートが欠けていないか・割れていないかを点検します。
次は塗装の状態について確認します。
過去に塗装されているのかどうか・色の抜け具合・塗膜の状態について点検しましょう。

そして棟包みの下地の状態について点検します。
クギがしっかりと刺さっているのかどうか・腐食していないかどうかということについて重点的に点検します。
以上でスレート屋根の屋根点検については完了となります。

スレート屋根がちょっと欠けているくらいではそんなに気にする必要はありませんが、複数枚の瓦が割れてしまっている場合はスレートの交換を行うことをおすすめしています。

トタン屋根

上記の瓦屋根・スレート屋根と同様にまず最初は屋根に登って目視で全体を確認します。
この際に重点的に点検するべきポイントとして、トタン屋根の錆・穴が空いてしまう・棟包みのクギが抜けていないかどうかチェックします。
次に塗装の状態について確認しましょう。
そしてそのあとに屋根の下地の状態についてチェックします。

トタン屋根の屋根の上を実際に自分の足で歩いてみて、ギシギシとする部分がないかどうか確認します。
この際に注意しなくてはいけないこととして、緩勾配屋根の場合は結露が原因となって下地が傷付いてしまっている場合がありますので入念にトタン屋根の上を歩いて確認するようにしましょう。

これでトタン屋根の屋根点検に関しては完了となっています。
ですが錆が出てしまっている場合に関しては注意が必要になっていまして、早急に塗装を行うことをおすすめします。
塗装に関しては基本的に安価で済みますし、早急行うことによって塗装の際に浮いている錆を落とすのですが、広い面積になると困難ですので早い段階がおすすめです。






まとめ

トタン屋根
塗料が剥げている
トタン屋根確認と職人
トタン屋根がさびている
今回は自分で屋根点検を行いたい方に向けて屋根材別の屋根点検方法について解説してきました。
瓦屋根・スレート屋根・トタン屋根によって屋根の点検するべきポイントや方法も異なってくるので、自分の家の屋根に合っている方法で行うようにしましょう。

大津市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181