オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の皆さん【板金の劣化に注意】板金工事の施工方法


皆さんは板金が浮いてしまっており、修理しなくてはいけないのかな?と疑問に思ったことありませんでしょうか?
板金が劣化している場合には早急に修理が必要になってきます。
劣化しているのにも関わらず修理をしないで放置してしまっていると、雨漏りを起こしてしまう可能性があります。

雨漏りしてしまうと応急処置や修理も面倒ですし、お金もかかってきてしまいます。
最悪の場合や屋根材ごと新品に交換しなくてはいけなくなってしまう可能性だって考えられます。
そこでこの記事では板金の種類・劣化症状について把握した上で板金工事の施工方法について解説していこうと思います。
是非参考にしてみてください。
既存棟板金撤去
板金の種類について

棟板金

棟板金とは屋根の頂点部分に設置されている板金となっており、棟板金があることによって屋根と屋根の接合部分の隙間から雨水が侵入するのを防ぐことが可能となっています。

谷樋板金

谷樋板金とは何かと言いますと、屋根と屋根が接していて谷になっている部分に設置されている板金のことを言います。
雨水は屋根の谷部分に集まってしまうので、谷部分に板金があることによって雨漏りを防ぐことが出来ます。

水切り金具

水切り金具とは一体何かと言いますと、屋根の端に設置されている板金のことを指しています。
屋根の端にも屋根の接合部分と同じように隙間が出来てしまうので、その部分から雨水が侵入しないようにするために水切り金具が必要になってきます。

板金の劣化症状について

板金の劣化症状について解説していきます。

釘浮きや剥がれ

板金が太陽による熱で温められることによって膨張してしまい、気温が下がってくると縮小してしまいます。
この一連の流れを繰り返してしまうことによって板金が変形してしまい、釘が抜けてしまう可能性があります。
釘が抜けることによって板金が剥がれやすくなってしまうのです。

錆の発生

板金に発生している錆をそのまま放置してしまうとどんどん耐久性が低下していき、板金がボロボロになって穴が空くようんなってきます。
その穴から雨水が侵入してしまい、雨漏りの原因となってしまいかねません。

貫板の腐食

貫板に関しては屋根材を抑えるために用いられている板です。
本来であれば棟板金を貫板の上に被せて釘を打ち込むことによって、固定されています。
ですが棟板金が変形してしまうと釘が抜け、雨水が侵入してしまいます。
そうなってしまうと貫板が腐食してしまうのです。

換気棟
棟板金です。
換気棟
換気棟と呼ばれています。
グラッサ葺き完了別アングル
こちらは谷樋板金です。
板金工事の施工方法について

ここからは板金工事の施工方法について解説していこうと思います。
板金工事には2種類存在するので、それぞれ解説していきます。

葺き替え工事の場合

屋根材が傷んでしまっている場合や、使い始めてから既に何十年も月日が経過している場合などには古い屋根を取り除いて新しい屋根材と交換するのが葺き替え工事です。
その際の施工方法なのですが、まず棟板金を外します。
そして古い屋根材を剥がして、防水シートと野地板も一緒に剥がします。

次に新しい新品の野地板を付けて、防水シートを敷きます。
そこに新しい屋根材を付けた後に、新しい棟板金を取り付けることによって板金工事は完了となっています。

カバー工法の場合の施工手順

カバー工法は古い屋根の上に新しい屋根を取り付けるという施工方法となっています。
まずは既存の屋根を清掃し、棟板金・谷樋板金・水切り金具等を外します。
そして既存の屋根材の上に防水シートを敷き、防水シート上に新しい新品の屋根材を設置します。
最後に新しい棟板金・谷樋板金・水切り金具等を新しい屋根材の上に設置することによって板金工事は終了となっています。

まとめ

今回は板金工事の施工方法・板金の種類・劣化症状について解説してきました。
板金工事に関しては葺き替え工事の場合トカバー工法の場合とで施工方法が異なってくるので、しっかりと把握しておきましょう。

大津市の方以外でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181