オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の皆様、庇とは一体!?付けるべき理由について説明します


皆さんは庇という言葉について聞いたことがありますでしょうか?
そもそも庇と言う言葉自体初めて聞いたという方や、屋根に庇を付けていないけどこのままにしておいても大丈夫なのかなと心配になっている方もいるのではないでしょう。
そんな方のためにこの記事では庇とは一体何なのか、そして庇を付けるか悩んでいる・付けなくても大丈夫か不安と言う方に向けて庇を付けるべき理由について解説していこうと思います。

これから家を購入する方は特に参考にしてみてください。
玄関庇屋根
庇とは一体!?

庇とは一体何なのか分からないという方もいらっしゃると思うので、庇の説明からしていこうと思います。
庇とは一体何なのかというと、建物の窓や玄関などの開口部の上部の方に張り出している日よけや雨をよけるための小さな屋根のことを指しています。

ですがそんな庇について良く知らないといった方が多く、付けるべき理由について把握してしない方がとても多くなっています。
あとから後悔しても遅いので、庇を付けるべき理由についてしっかりと把握しておきましょう。
付けるか悩んでいるという方も必見となっています。


庇確認
d5983dac5e2cf0a530fd16b2e4d1e904-columns2
庇を付けるべき理由について

庇を付けるべき理由としましては大きく分類して4つ存在します。
まず1つ目の庇を付けるべき理由としましては、雨の吹込みを防止してくれるという機能となっています。
庇を付けている場合と付けていない場合とでは雨水の吹込み具合が全く異なってきます。
庇がもしなかった場合、雨水に関してはちょっとでも窓を開けて放置してしまうと雨水が得屋に吹き込んでしまいます。

ですが庇があることによって雨水が吹き込んでくるのを抑制することが出来るようになっているので、安心です。

そして2つ目は日よけの役割を持っているからです。
もし仮に庇がない場合になってしまうと、夏の暑い時期に関してはどんどん室内の温度が上昇してしまいます。
ですが庇を付けている場合だと窓から室内の温度上昇を防ぐことが可能となっていますので、省エネに繋がります。

そして庇を受けるべき理由についての3つ目は防汚性機能に優れているためとなっています。
庇がない場合とある場合だと汚れの付きにくさが全く異なってきます。
窓や玄関という良く人目に付く場所に関しては綺麗な状態で長い間保っておきたいですよね?
そこで庇があることによって窓や玄関が雨水に晒されてしまったり、ほこりをかぶってしまうといった事態が起こりにくくなります。
そのため汚れが目立つこともなく、綺麗な状態をキープすることが出来るのです。

そして最後の4つ目に関しては雨漏りを防止してくれるといった点です。
庇があることによって窓や玄関のコーキング部分が直射日光に晒されたり、雨水に晒されたりすることが無くなるのでコーキングの劣化が原因となって起こる雨漏りを防ぐことが出来ます。
ですが逆に庇がない場合だと、窓や玄関といった人目に付く部分のコーキング部分が直射日光に晒されたり、雨水に晒されたりしてしまうので雨漏りの原因となってしまう可能性が高くなってしまいますので注意が必要になってきます。

庇を付けることによって起こるデメリットについて

上記の話を聞いていると庇を付けるメリットしか説明していないので、デメリットは無いの?と疑問に思う方がいらっしゃると思います。
そこで庇を付けることによって起こる可能性があるデメリットについて解説していこうと思います。

庇を付けることで起こる可能性があるデメリットは外観のデザイン性が低下してしまう可能性があることです。
凸凹してしまうので汚く見えてしまう可能性があります。




まとめ

今回は庇を付けるべき理由について解説してきました。
庇を付けるべき理由として挙げられるのは、雨の吹込みを防止してくれる・日よけ・防汚性機能に優れている・雨漏り防止といった利点です。

屋根のことでお悩みの方は
草津市の方以外でも街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181