オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の皆さん、屋根の断熱方法とは?


皆さんは屋根の断熱方法について知っていますでしょうか?
多くの方が勝手に断熱してくれるのではないかと思ってしまっていると思います。
特にこれからの時期に関しては気温も次第に上がっていき、屋根に最も近い階はとても暑くなってしまうので、快適に過ごすことは出来ません。

そこでこの記事では屋根の断熱方法について解説していこうと思います。
是非参考にしてみてください。
house-4766086_1920-3-columns1
屋根の断熱方法について

夏が近づいてくると多くの方が2階の部屋がまるで熱湯風呂に入っているような感覚になってしまうというような悩みを持っていると思います。
これは解消するには屋根に断熱方法についてしっかりと理解を深めておく必要があります。

天井断熱

天井断熱とは一体何かと言いますと、天井の直上に断熱材を敷くことによって天井裏の熱を室内に持ってこないように・伝わらないようにして断熱する方法のことです。
施工方法に関してはとても簡単になっており、断熱材を敷き詰めるだけで完了なのでとても楽なのは事実としてあります。
簡単に出来るからといって効果が悪いわけでもなく、むしろ断熱効果に優れているのでおすすめとなっています。

屋根断熱

屋根断熱とは天井が屋根の形をしている住宅に主に採用されている断熱方法のことを指しています。
屋根断熱に関しては施工面積が広くなることからかかる費用も比較的に高額になってしまったり、室内空間が広くなるので余った空間を有効活用することが出来るので、有意義な生活をおくることが可能となります。



まとめ

今回は屋根の断熱方法とは一体何なのかということについて解説してきました。
屋根の断熱方法には主に2種類存在しており、天井断熱と屋根断熱となっています。
勿論ですが両方にはぞれぞれの特徴があるので、それを理解した上でしっかりと判断するようにしましょう。

屋根のことでお悩みの方は
大津市以外の方でも街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181