オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の方へ、屋根勾配を決める際に重要なポイント


皆さんは屋根勾配についてしっかりと理解を深めていますでしょうか?
家を購入するとなった際にとても重要になってくるのが屋根勾配となっています。
いまいち屋根勾配って何?と思っている方も多いと思いますのでこの記事では屋根勾配を決める際にとても重要なポイントについて解説していこうと思います。
是非参考にしてみてください。
roof-1408338_1920-4-columns1
屋根勾配とは?

そもそも屋根勾配とは一体何?と思っている方いらっしゃると思いますので、解説していきます。
屋根勾配とは屋根の傾斜の度合いのことを指しています。

屋根勾配を決める際に重要なポイントについて

屋根勾配を決める際に重要なポイントとしては屋根材によって最低勾配は決まっているということをしっかりと理解しておくべきだということです。
それ以下の屋根勾配にしてしまうと雨漏りが起こってしまったり、屋根材が拭き上がってしまったりといった問題が発生してしまうので注意が必要になってきます。

金属屋根の場合一寸以上・スレート屋根の場合3寸以上・瓦屋根の場合4寸以上となっています。
その中でもおすすめの屋根勾配は4寸となっています。
何故かと言いますと、雨漏りしにくい勾配となっているためです。
4寸勾配であれば雨水が溜まってしまって雨漏りの原因となることはありません。

それにどの屋根材にも適応しているというのも理由としてあります。
上記でもお話ししましたが、金属屋根・スレート屋根・瓦屋根それぞれ屋根勾配が決まっています。
そこで4寸勾配にしておくことによって将来的にどの屋根材にも葺き替えが可能となっています。


まとめ

今回は屋根勾配を決める際に重要なポイントについて徹底解説してきました。
屋根勾配に関してはそれぞれの屋根材によって決まっているのでそれを把握しておくことはとても重要になってきます。
その中でも特におすすめなのが4寸勾配となっています。

草津市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181