オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の方へ、緩勾配のメリット・デメリットについて


皆さんは自分の家の屋根の勾配についてしっかりと理解していますでしょうか?
今回は緩勾配屋根についての知識についてお話していこうと思います。
緩勾配屋根のメリット・デメリットについて解説していくので、これから家を購入しようと考えている方は是非、参考にしてみてください。
city-3632286_1920-9-columns1
緩勾配屋根とは!?

緩勾配屋根とは一体どんな屋根なのかと言いますと、3寸勾配以下の傾斜が低い屋根のことを指しています。
そんな緩勾配屋根のメリット・デメリットについて解説していきます。

緩勾配屋根のメリットについて

施工価格が安価

緩勾配屋根のメリットとして挙げられるのは施工価格が安価であるということです。
屋根面積が比較的に狭いので、施工価格は自然的に安価になります。

風の影響を受けにくい

緩勾配屋根は屋根の頂上部分が低くなるので、強風が台風の際に吹いてしまったとしても影響を受けにくいのがメリットとなっています。

緩勾配屋根のデメリットについて

耐久性が低い

緩勾配屋根はゴミなどが付着しやすくなってしまったり、雨水が染みこむことによって屋根材の腐食を進行させてしまうので耐久性としては下がってしまいます。

雨漏りがしやすい

緩勾配屋根に関しては雨水の流れがとても悪くなってしまっているので、雨漏りがしやすくなってしまいます。

断熱効果が低い

緩勾配屋根のデメリットとして断熱効果が低いといったことが挙げられます。
この理由としましては天井と屋根の間にスペースが狭くなってしまっているので、2階の断熱効果は圧倒的に乏しくなってしまいます。

まとめ

まとめ

今回は緩勾配のメリット・デメリットについて徹底解説してきました。
緩勾配屋根のメリットとして挙げられるのは施工価格が安価であること・風の影響を受けにくいということが挙げられますので、参考にしてみてください。

草津市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181