オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の皆さま、瓦屋根の台風対策について


1533831_s
毎年、家屋に甚大な被害を与える台風シーズンがやってくると心配なのが、屋根の傷みです。
屋根材などに傷みが発生していない屋根であれば、台風による被害を最小限に抑えられる可能性があります。
ここでは、瓦屋根の台風対策について紹介します。

瓦屋根の台風被害の原因について

瓦屋根の台風被害には、風を受けやすい軒先やケラバ、棟の瓦に集中することがあります。 
これらの部分に敷いた瓦は飛ばされやすい傾向があります。
被害の原因は、瓦が固定されていなかったり、昔の工事方法がそのままになったりすることが挙げられます。

瓦屋根の台風対策について

風を受けやすい軒先やケラバにある瓦の土台が新築から20年程度で劣化することで、瓦が落下する可能性があります。
対策としては、ケラバを解体し、芯材と雨水を流す金具を配置した後に、瓦を設置します。
一方、軒については、新築から15年程度で土台の土や木材が劣化するので取り直し工事が必要です。

昔の方法で工事した棟は、土の上に瓦を配置して銅線を使って縛るといった簡単な内容となっています。
現在では、ガイドライン工法と呼ばれる方法で棟を工事します。
これは阪神大震災後に行われている工法となっており、同じ規模の地震が発生しても耐えられます。

新築から30年程度した瓦屋根は、葺き直しや葺き替えをおすすめします。
葺き替えは既存の瓦を新しいし瓦に交換しますが、葺き直しは既存の瓦をそのまま使い、傷んだ部分を中心に交換します。

まとめ

瓦屋根の台風対策について紹介しました。
台風被害は風を受けやすい軒先やケラバ、棟の瓦に集中することがあります。
台風対策は、ケラバを解体し、芯材と雨水を流す金具を配置した後に、瓦を設置したり、ガイドライン工法 と呼ばれる方法で棟を工事したりします。 

草津市以外の方でも屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181