オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市のみなさん、屋根を塗り替える目安について


3619754_s
屋根は新築から10年程度で塗り替えを行うことが一般的です。
ただ、住宅の立地によっては、塗り替えを早く行わなければならない場合があります。
ここでは屋根を塗り替える目安について紹介します。

屋根を塗り替える目安:色褪せの発生

色褪せは、塗膜が劣化して薄くなることで、塗料に含まれる顔料が漏れ出しています。
色褪せが発生したら、塗り替えを行うことで屋根の劣化を抑制できます。
色褪せの発生だけであれば、塗料の機能は完全に停止していませんが、塗り替え時期になっていることは確かなので、専門業者に相談しましょう。

屋根を塗り替える目安:カビやコケの発生

カビやコケが生えることで、屋根の表面に常に水分が付着し易くなります。
スレートの場合は、カビやコケによって水分が内部に侵入しやすくなり、劣化が早まります。
侵入した水分が凍ることで膨張し、屋根材にひび割れが発生する凍害が懸念されます。

屋根を塗り替える目安:反りの発生

スレートの場合、塗装が劣化することで屋根に浸透した雨水によって屋根材が反ってしまうことがあります。
反りが徐々に大きくなるとスレートの葺き替えが必要になるため、早めに塗り替えを行い、雨水を浸透させないようにすることが重要です。

屋根を塗り替える目安:塗装の剥がれやサビの発生

雨や雪、風に晒される屋根は経年劣化によって塗装が剥がれることがあります。
一方、金属製の屋根材の場合、塗料が劣化して機能しなくなるとサビが発生します。
剥がれやサビの範囲が狭い場合は、部分的な塗装で修理できますが、広範囲に発生した剥がれやサビの場合、塗り替えが必要になります。

まとめ

屋根を塗り替えは、色褪せ、カビ、コケ、反り、剥がれ、サビが発生した際に行います。
高い場所にある屋根材は、普段見る事はないため、塗装が劣化しても気付かないことが多いです。
ただ、屋根に上っての点検は危険なので行わないでください。

信頼できる専門業者による点検がおすすめです。
塗り替えの工事費用が高いですが、屋根を長持ちさせるために重要なメンテナンスです。

草津市以外の方でも屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181