オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の皆様、屋根に使用する断熱材について


998988_s
家に快適に住むためには、屋根に断熱材を配置することが有効です。 
日本は四季があり、夏や冬は外気の影響を受けないようにする断熱材をしっかり選ぶ必要があります。
屋根に使う断熱材には、無機繊維をはじめ、天然繊維、発泡プラスチック、断熱塗料があるので紹介します。

無機繊維について

無機物を繊維状にしたものを無機繊維と呼ばれており、ガラス繊維を使ったグラスウールや鉱物を使ったロックウールがあります。 
無機繊維は安価な上、優れた防火性と防音性を発揮するメリットがあります。  
一方、ホルムアルデヒドなどが含まれている場合があり、健康被害を引き起こす可能性があります。

天然繊維について

天然繊維は有機物を使った断熱材となっており、羊毛を使った羊毛断熱材や木材が原料のセルロースファイバーがあります。
天然繊維は有害物質が含まない上、優れた防音や吸湿性を発揮。
 一方、無機繊維の2〜4倍程度の価格で、防虫効果が低いデメリットがあります。

発泡プラスチックについて

発泡プラスチックは、プラスチックを発泡させたもので、硬質ウレタンフォームがよく知られています。
湿気に対して強い上、薄く軽量なため断熱材に最適です。
無機繊維の2倍程度の価格が最大のデメリットだといえます。

断熱塗料について

断熱効果をもった塗料を断熱塗料といわれており、ガイナが有名です。
塗り替えの際に、断熱塗料を塗る事ができるメリットがあります。
デメリットは高価な割には、他の断熱方法と比較して高価が低い場合があることです。

まとめ

屋根に使用する断熱材には、無機物を繊維状にした無機繊維、有機物を使った天然繊維、プラスチックを発泡させた発泡プラスチック、断熱効果をもった断熱塗料があります。 
それぞれの特徴をしっかり考えて、使うことが重要だと考えられため、信頼できる専門業者に相談することをおすすめします。 

草津市以外の方でも屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181