オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の方へ、ケラバとは一体!?主な役割について


皆さんはケラバって言葉を聞いたことがありますでしょうか?
多くの方が耳にしたことがないと思っているのではないかと思います。
この記事ではケラバとは一体何なのかということについて、そしてケラバの役割について徹底解説していこうと思います。
是非これから家を購入しようと考えている方は、特に参考にしてみてください。

roof-1408338_1920-4-columns1
ケラバとは一体!?

ケラバとは一体何かと言いますと、切妻屋根や片流れ屋根といった外壁から出っ張ってる屋根部分のうちで雨樋が付いていない側のことをゲラバと言います。
ケラバは場所を表す名前となっています。
こんな場所を表しているケラバとなっていますが、どんな役割があるのか分かっていない方が多いと思いますのでこれから徹底解説していこうと思います。

ケラバの役割について徹底解説

ケラバが果たしている役割としてまず挙げられるのは、日当たりを調整することが出来るといった点です。
ケラバがあるのとないのとでは日当たりが全く異なってきます。
特に夏場なんかはケラバがない場合だと窓ガラスや外壁に直射日光が当たってしまうのでとても高温になってしまいます。冬に関してはケラバがあっても日当たりが悪くなることはありません。

そしてケラバがあることによって雨水が侵入してしまうことを防止してくれます。
ケラバに関しては外壁や窓の上部に設置されていますので、屋根からの水切の役割を果たしてくれています。
それによって外壁や窓へ雨水が侵入してしまうこと防いでくれます。

まとめ

今回はケラバとは一体何なのか、そして主な役割について徹底解説してきました。
ケラバの役割としては日当たりの調整をしてくれることと、雨水が外壁や窓から侵入してしまうことを防いでくれることが挙げられます。
参考にしてみてください。

草津市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181