オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の皆様、垂木の役割りについて


3037657_s
屋根のリフォームなどで注目されるのは屋根材となっていますが、垂木(たるき)も重要な部材です。 
垂木は屋根の外観から見ることはできませんが、屋根における縁の下の力持ちのような存在。
垂木の役割りなどを紹介します。

垂木とは?

軽い屋根材の場合は、幅が4.5cm、高さが6.0cmに加え、幅が4.5cm、高さが7.5cmの2種類の垂木があります。
軒が長い屋根には幅が4.5cm、高さが7.5cmの垂木を使います。 

重い屋根材の場合は、幅が4.5cm、高さが7.5cmに加え、幅が6.0cm、高さが10.0cmの2種類の垂木があります。
軒が長い屋根には幅が6.0cm、高さが10.0cmの垂木を使います。 

多くの屋根は、雨などを排水し易くするために傾斜があります。
屋根の傾斜に沿って、屋根材、野地板、ルーフィング、垂木の順に取り付けられています。
屋根材、野地板、ルーフィングは垂木によって支えられています。

垂木の役割りについて

垂木は野地板、防水紙、屋根材を取り付ける以外に、構造材として家の強度を高める働きがあります。 
垂木と野地板を組わせることで更に家の強度が高くなります。 
細い垂木は、軒が短く軽い屋根材に使われることがあります。

 一方、太い垂木は軒が長く重い屋根材にはが使われます。 
例えば、軽く軒の短い屋根の垂木の断面積は27㎠となっており、重く軒の長い屋根の垂木の断面積は60㎠となっています。

瓦屋根の重さは56kg/㎡程度となっていますので、垂木に相当な負荷がかかっていることは確かです。 
垂木は455mmもしくは 303mm間隔で均一に母屋に配置されています。 
屋根材を固定させる際は、野地板だけではなく垂木まで釘を貫通させることで台風など災害に強くなります。

まとめ

垂木の役割りなどを紹介しました。
屋根材、野地板、ルーフィングは垂木によって支えられています。
垂木は野地板、防水紙、屋根材を取り付ける以外に、構造材として家の強度を高める働きがあります。  

草津市以外の方でも屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181