オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方へ、塗装における下地処理の重要性


660910_s
通常、塗装の耐用年数や仕上がりに関心がある人は多いと思います。
塗装の耐用年数や仕上がりは塗装する際の下地処理に大きく左右します。
どんなに高級な塗料を塗ったとしても、下地処理がしっかり行われていないと無駄になってしまうことがあります。
塗装における下地処理の重要性について紹介します。

下地処理の重要性①:下地処理が不十分だとどうなる?

屋根の塗装を行った後に、色むらが発生したり、塗料のノリが悪かったりするといった問題が発生した場合、下地処理が不十分だったことが原因だと考えられます。
一見、平滑できれいな屋根であっても、サビをはじめ、カビ、コケ、砂、ホコリ、油分が付着していることがあり、下地処理をしっかり行わないと、美しい塗装に仕上がりません。
 
塗装における下地処理には、高圧洗浄、ケレン作業、コーキング補修、セメント補修、パテ埋めがあります。 
中でも、屋根の塗装では高圧洗浄、ケレン作業が重要で、手間がかかるので、信頼できる専門業者に依頼したほうがいいでしょう。

下地処理の重要性②:塗装を長持ちさせる

塗料には、主に10年、12年、15年の耐用年数があります。 
塗料の耐用年数は、下地処理がしっかり行われていないと短くなってしまいます。
例えば、塗装が1年足らずに剥がれてしまった場合は、下地処理がしっかり行われていないと考えられます。
塗装を長持ちさせるためにも、信頼できる業者に塗装を依頼して下地処理をしっかり行ってもらう必要があります。

まとめ

下地処理が不十分だと、色むらが発生したり、塗料のノリが悪かったりするといった問題が発生します。 
特に高圧洗浄、ケレン作業が重要で、手間がかかるので、信頼できる専門業者に依頼したほうがいいでしょう。 
塗料の耐用年数は、下地処理がしっかり行われていないと短くなってしまいます。  

高島市以外の方でも屋根の塗装に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181