オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へ、雨漏りは屋根材だけではない!?雨漏りする板金箇所とその原因について


皆さんは雨漏りするのは屋根材のみだと思っていませんでしょうか?
実際に雨漏りが起こってしまう可能性がある場所とその原因について把握しておくことで雨漏りを防ぐことが出来るかもしれません。

そのため屋根材以外で雨漏りする板金箇所とその原因について解説していこうと思います。
是非参考にしてみてください。
rain-1479303_1920-4-columns1
屋根材以外で雨漏りする板金箇所と原因について

雨漏りに関しては屋根材だけではなく、雨仕舞の板金箇所から起こる可能性も十分にあります。
そこで具体的にはどの部分から雨漏りが起こってしまうのか、そして原因は何なのかということについて解説していこうと思います。

谷とい板金

雨樋の役割を担っている屋根が谷のようにVになっている部位のことを指しています。
谷といに関しては雨漏りが起こる可能性がとても高い場所となっています。
谷といから雨漏りが起こってしまう原因として考えられるのは経年劣化です。
経年劣化を起こすことによって錆付いてしまい、穴が空くことによって雨漏りの原因となってしまいます。

棟板金

棟板金とは何かといいますとスレート屋根のとがった部分に被せてある板金のことを指しています。
屋根の最も高い部分となっているため、強風が起こった場合などによく吹き飛ばされてしまう箇所となっています。
棟板金から雨漏りしてしまう原因としましては、経年劣化によって起こってしまう浮きや剥がれが原因となっています。

それに経年劣化が起こってしまうと棟板金を固定している力がどんどん弱まっていき、風に飛ばされやすくなってしまうのも原因として考えられます。

まとめ

今回は雨漏りは屋根材だけではないのか、そして雨漏りする板金箇所とその原因について解説してきました。
谷とい板金・棟板金から雨漏りが起こってしまう可能性があることと、それぞれの原因についてしっかりと把握しておきましょう。

大津市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181