オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の方へ、はかま腰屋根って何!?メリット・デメリットについて


皆さんははかま腰屋根って聞いたことがありますでしょうか?
多くの方は聞き覚えのない屋根かもしれません。
屋根は家の中でも特に重要な部分となっており、屋根について理解を深めておかないと後々後悔することになってしまうのは明らかです。

しっかりと屋根の特徴について把握して長い間自分の家をより良い状態で保つことが出来ればベストだと思います。
そこでこの記事でははかま腰屋根のメリット・デメリットについて解説していこうと思います。
はかま腰屋根
引用:森島建設工業株式会社
はかま腰屋根とは一体!?

はかま腰屋根とは一体どんな屋根かと言いますと、切妻屋根の棟を一部切り取っている形状となっており、屋根上部から途中に至るまでは寄棟屋根のように屋根を架けた物となってます。
はかま腰屋根に関しては半切妻屋根やドイツやねといった別名も持っているのが特徴となっています。

はかま腰屋根のメリットについて

はかま腰屋根のメリットとして挙げられるのは室内空間の自由度が圧倒的に高まるということです。
それにデザインがとても珍しくてお洒落になっているので、外観で人を魅了することが出来るのもメリットとなっています。
どうせなら自分の住んでいる家は他の人にかっこいいと思ってもらいたいですよね。

はかま腰屋根のデメリットについて

はかま腰屋根のデメリットとしては普通の屋根と比較して取り合い部分が多くなってしまうので、雨漏りのリスクがとても高くなってしまいます。
これが最も大きなデメリットとして挙げられます。
接合部分から雨水が侵入してしまいやすくなっているので、注意が必要になってきます。

まとめ

今回ははかま腰屋根って何かということについて、そしてメリット・デメリットについて解説してきました。
はかま腰屋根は室内空間の自由度も高く、デザイン性もお洒落というメリットが存在しています。

草津市以外でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181