オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の皆さん、コロニアルNEOを使っている屋根はひび割れに注意


2998554_s-1
コロニアルNEOはクボタ株式会社(現ケイミュー株式会社)の屋根材です。 
コロニアルNEOはスレートの一種ですが、経年劣化が早く10年程度でひび割れが発生するといわれています。
ここでは、コロニアルneoを使っている屋根のひび割れについて紹介します。

コロニアルNEOのひび割れについて

アスベストによる健康被害が問題視されたことで、コロニアルNEOをはじめとするスレートの材料で使われていたアスベストを使わなくなりました。
当時、アスベストを使わなくなったスレートは耐久性が低下したといわれています。

この時期のスレートが10~15年経過し、ひび割れが発生しています。
その後、アスベストが無くても耐久性が向上したスレートが登場し、ひび割れに対する対策を行いました。
このため、10~15年前に販売されたコロニアルNEOを使った屋根はひび割れが発生している可能性があり注意が必要です。

コロニアルNEOに発生したひび割れの対策について

コロニアルNEOが自宅に使われているかどうか心配な方は、住宅の設計図などを確認して下さい。
屋根材が不明な方は、専門業者に相談するようにしましょう。 
コロニアルNEOに発生したひび割れの対策については、まず、専門業者に点検を依頼して、ひび割れの状況を確認して下さい。 

ひび割れが狭い範囲かつ軽微であれば、塗り替えによる修理で対応できます。 
ただ、ひび割れが広範囲に広がっている場合は、葺き替えもしくはカバー工法による修理が必要になります。

まとめ

コロニアルneoを使っている屋根はひび割れについて紹介しました。
10~15年前に販売されたコロニアルNEOはアスベストが使われていないのでひび割れが発生している可能性があります。
ひび割れが広範囲に広がったコロニアルneoは、葺き替えもしくはカバー工法による修理が必要になります。  

草津市以外の方でもコロニアルneoに心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181