オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の方へ、台風に強い屋根の条件とは?


1002468_s-1
日本には台風シーズンとい言葉があるように、夏から秋にかけて多くの台風が襲来します。
日本のどこにいても台風の被害を受ける可能性があり、住宅の屋根に深刻なダメージをあたえます。
そのため台風に強い住宅は、憧れの的であることは間違いありません。

住宅を新築したり、屋根を塗り替えたりする場合、台風に強い屋根にすると安心です。
ここでは台風に強い屋根の条件について紹介します。

台風に強い屋根の条件は4つ!

台風に強い屋根には、耐風性能、防水性能、重量や工法があるので紹介します。
台風によって屋根材がズレたり、めくれたりすることで、雨漏りの発生原因になることがあります。
台風の強風によって、屋根材が剥がれて落下しすることで、建物や自動車、人に直撃して傷付けてしまうことがあります。
そのため、強風を受けても、変形しない屋根材を選ぶ必要があります。
また、屋根材がズレたり、飛散したりしないように、しっかりと固定しなければなりません。
台風の影響によって色々な方向から屋根材に雨が当たるため、隙間なく屋根を覆ってくれる防水性能が高い屋根材を選ぶ必要があります。
防水性能が高い屋根材であっても、剥がれやひび割れがあればそこから雨水が侵入してしまうので、業者に点検を依頼して必要に応じてメンテナンスを行って下さい。
強い風が吹き荒れる台風の場合は、できるだけ重い屋根材を選ぶことは重要です
ただ、強い風は重い瓦でさえも吹き飛ばすことがあるので、屋根材を住宅に均一にしっかり固定する工法を選ぶことも重要です。

まとめ

桟瓦補修状況
棟瓦破損
瓦の乗せる
既存瓦復旧
瓦がズレている
瓦
台風に強い屋根の条件について紹介しました。
台風に備えるためには、隙間なく屋根を覆ってくれる防水性能が高い屋根材、強風を受けても、変形しない屋根材、屋根材を住宅に均一にしっかり固定する工法を選ぶ必要があります。  

草津市以外の方でも台風シーズンに向けて屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181