オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へ、瓦屋根って耐震性に優れているのか?


皆さんは瓦屋根って聞いたことありますでしょうか?
今回は瓦屋根の耐震性について、そして性能について解説していこうと思います。
瓦屋根は重量が重いと思われているため、耐震性に劣っていると思い込んでいる方が多いのではないでしょうか?

実際に本当に耐震性が劣っているのかどうか知っておくことによって、もし瓦屋根にこれからリフォームを行う人や今住んでいる方にとってプラスになってくると思います。
淡路瓦浮き補修完了
瓦屋根の耐震性について

瓦屋根の耐震性について心配という方いらっしゃると思います。
実際問題瓦屋根の耐震性はどうなのかと言いますと、耐震性は低いと考えられます。
何故かと言いますと、屋根が軽ければ軽いほど耐震性に優れていると言われているためです。
屋根が重くなってしまうと建物の重心は高くなってしまい、地震が起きてしまった場合により大きな揺れを感じることになります。
そして建物にかかってしまう負担が大きくなってしまうのです。

そのため瓦屋根に関しては屋根材としての強度はとても高く造られているのですが、屋根材自体が比較的に重く造られてしまっているため他の屋根材と比較すると耐震性は劣ってしまいます。
ですが瓦屋根でも耐震設計が施されている場合は、地震が起こってしまっても十分に耐震性を発揮してくれます。

そして瓦屋根で耐震性の向上を図るために他の屋根材に変更したとしても耐震性が向上しない可能性もあります。
それは壁や土台が傷んでしまっていたり、経年劣化を起こしてしまっている場合は屋根を変えても耐震性に欠けてしまう可能性が十分にあるので注意が必要です。


まとめ

今回は大津市の方へ、瓦屋根って耐震性に優れているのかどうかということについて解説してきました。
瓦屋根は他と比較して耐震性には優れてはいないので、十分に注意が必要になってきます。

大津市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181