オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市のみなさん、ウレタン塗料について


3618041_s
合成樹脂が主成分であるウレタン塗料は、ポリ塩化ビニルや鉄の塗装に向いています。
ウレタン塗料には水性以外にも油性がある上、溶剤1液型や溶剤2液型といった種類があり、用途に合わせて使い分けます。
ここではウレタン塗料のメリットやデメリットを紹介します。

ウレタン塗料のメリットについて

ウレタン塗料を塗った屋根は光沢があり、高級感がある屋根に仕上がりになります。
光沢にはバリエーションがあり、自分のイメージに合った屋根にすることが可能です。
ウレタン塗料は乾燥した後も柔らかいので、使い勝手がよいです。

日本の厳しい自然環境に塗装が晒されることで、表面にひびが入りやすい傾向がありますが、ウレタン塗装はある程度大丈夫です。
紹介したように、ウレタン塗料は仕上がりの美しさにこだわる方におすすめの塗料です。

ウレタン塗料のデメリットについて

ウレタン塗料の耐用年数は7年程度だといわれています。 
そのため、優れた耐久性を発揮するシリコン塗料などに比べ、ウレタン塗料の耐用年数は短いというデメリットがあります。
紫外線によって変色しやすい物質が含まれるウレタン塗料を塗替えに使った後、経時劣化によって変色してしまうと、屋根の印象が変わってしまう可能性があります。 

一方、ウレタン塗料は汚れやすいというデメリットがあります。 
そのため、ウレタン塗料に塗り替えた後、汚れ度合に応じて、塗り替えが必要な場合があります。 
ウレタン塗料に替わって価格が手頃で耐用年数が長いシリコン塗料が広く使われるようになりました。

まとめ

ここではウレタン塗料のメリットやデメリットを紹介しました。
ウレタン塗料を塗った屋根は光沢がある上表面にひびが入りにくい傾向があるため、美しく使い勝手が良いというメリットがあります。
ウレタン塗料の耐用年数は短かったり、紫外線によって変色しやすかったりするデメリットがあります。  

高島市以外の方でもウレタン塗料に興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181