オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の皆様、屋根カバー工法のメリット・デメリットについて紹介します


皆さんは屋根のカバー工法とは一体どんなものか知っていますでしょうか?
屋根をリフォームする際にカバー工法については知っておくべきだと考えます。
そんな屋根のカバー工法とは一体どんなものなのか、そしてカバー工法を行うメリット・デメリットについて徹底解説していこうと思います。
是非参考にしてみて下さい。
man-4933882_1920-5-columns1
屋根のカバー工法とは?

屋根のカバー工法とは屋根のリフォームを行う際に用いられる方法の1つとなっています。
そんな屋根のカバー工法の特徴として挙げられるのが、スレート瓦などのリフォームを行う際に行われる工法であるということです。
スレート瓦に関しては耐用年数を過ぎてしまうと塗装を行うことが不可能になってしまうため、カバー工法によって簡単にリフォームを行うことが可能となっています。

カバー工法のメリットについて

カバー工法を行うメリットに関しては安価に施工を行うことが出来るといった点と短期間で施工が終わる点、そして屋根の性能が向上するといったことが挙げられます。
カバー工法に関しては既存である屋根材に重ねて新しい屋根材を貼ることになるので二重構造を生み出すことになり、防音性や断熱性・そして防水性能といった屋根の機能性が著しく向上するのが最大のメリットと言っても過言ではないでしょう。

カバー工法のデメリットについて

カバー工法のデメリットに関しては屋根の重さが重くなるということです。
屋根の重さが重くなるということは地震が起こった際にとても危険で、耐震性がダウンしてしまうので注意が必要になってきます。

ガルバリウム鋼板でカバー完了
カバー完了

まとめ

今回は屋根のカバー工法のメリット・デメリットについて徹底解説してきました。
屋根のカバー工法に関してはデメリットよりもメリットの方が大きく、短期間・安価・そして屋根の性能の向上にもつながるのでとてもおすすめとなっています。

別の地域ですが屋根カバー工法の工事ブログも合わせてご覧ください!

大津市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181