オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の皆さん、屋根カバー工法について


高島市の皆さんは屋根カバー工法とは一体どんなものか知っていますでしょうか?
屋根をリフォームする際にカバー工法については知っておくべきだと考えます。
そんな屋根カバー工法とは一体どんなものなのか、そしてカバー工法を行うメリット・デメリットについて高島市の皆さんに向けて説明していきます!
是非参考にしてみて下さい。
重ね葺き状況
屋根カバー工法とは?

屋根カバー工法とは屋根のリフォームを行う際に用いられる方法の1つとなっています。
そんな屋根のカバー工法の特徴として挙げられるのが、一例として工場や物置のスレートなどのリフォームを行う際に行われる工法であるということです。
スレートに関しては耐用年数を過ぎてしまうと塗装を行うことが不可能になってしまうため、カバー工法によって簡単にリフォームを行うことが可能となっています。

カバー工法のメリットについて

カバー工法を行うメリットに関しては安価に施工を行うことが出来るといった点と短期間で施工が終わる点、そして屋根の性能が向上するといったことが挙げられます。
カバー工法に関しては既存である屋根材に重ねて新しい屋根材カバーとして貼ることになるので二重構造を生み出すことになり、防音性や断熱性・そして防水性能といった屋根の機能性が著しく向上するのが最大のメリットと言っても過言ではないでしょう。

カバー工法のデメリットについて

カバー工法のデメリットに関しては屋根の重さが重くなるということです。
屋根の重さが重くなるということは地震が起こった際にとても危険で、耐震性がダウンしてしまうので注意が必要になってきます。

カバー工法の手順

スレート破損確認
工場や倉庫のスレート屋根をカバー工法をするか否かは現場点検時に判断することが多いです。
まずは既存スレート屋根の状態で判断します。
複数個所破損している・スレート屋根全体が劣化している・築が古いスレート屋根
のように屋根カバー工法を用いて工事をしたほうがいいのか・部分補修で済むのか屋根カバー工法を使用すべきか判断できます。
そしてお客様のご希望ももちろん伺います。
足場を登った写真
工事や倉庫の場合、背が高い建物が多いです。
屋根カバー工法を用いる際は落下防止・施工の品質保持の観点から足場を組んで屋根カバー工法に挑みます。
実際に高島市の工場様のカバー工法を用いた工事でも足場をかけさせていただいています。
フックボルトカット
足場が組み立てられたら本格的に屋根カバー工法を用いた工事開始です。
まずは既存のスレート屋根のフックボルトをカットします。
フックボルトが邪魔で新しい屋根材をカバーできないからですね。
IMG_7182-columns1
屋根カバー工法を用いた工事では樋をやり替えることがほとんどです。
既存の屋根材よりもカバー工事をするので屋根が大きくなるのはわかりますでしょうか。
既存の樋を流用することもできますが、この際にとやり替えられる高島市の方が圧倒的に多いです。
桟木取付け
次に新しい屋根材の下地となる桟木を取付けます。
もちろん、既存屋根の母屋つまり下地にビスでしっかりと固定します。
屋根カバー工法を用いた工事には必須です。これがないと新しい屋根材が風で飛んでいきます。
屋根きカバー工事
いよいよ新屋根材の固定です。これが屋根カバー工法を用いた工事です。
既存の屋根材を処分することがないので処分費用がかからないです。
カバー工事完了
そして屋根カバー工法を用いた工事の完了となります!

まとめ

今回は屋根のカバー工法のメリット・デメリットについて徹底解説してきました。
屋根のカバー工法に関してはデメリットよりもメリットの方が大きく、短期間・安価・そして屋根の性能の向上にもつながるのでとてもおすすめとなっています。

別の地域ですが屋根カバー工法の工事ブログも合わせてご覧ください!

大津市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181