オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方必見、屋上防水のメンテナンス方法について


3224892_s
屋上防水はご存じでしょうか?
屋上防水とは、屋上や陸屋根など平坦な屋根に施される防水層のことです。
通常の屋根は勾配があるので、雨水は上から下へ流れますが、平らな屋根は雨水が溜まりやすいので、屋上防水が必要。
雨水の侵入を防いでいる防水層ですが、経年劣化によってメンテナンスが必要なので紹介します。

屋上防水の種類について

屋上防水にはウレタン防水やシート防水、アスファルト防水があるので紹介します。
ウレタン防水は、ローラーを使って防水材を劣化した防水層に塗ります。
液状の防水材は、凸凹した床面だったり、障害物がある屋上だったりする場合に有効です。
5日程度の施工日数ですが、作業員の技術によって仕上がりが左右されるので専門業者選びが重要。
シート防水で使われる防水シートは工場で製造されたもので、均一な厚みがあります。
そのため、シートを防水層に張ることでフラットに仕上がるので、ムラが発生しにくいです。 
5日程度の施工日数ですが、複雑な曲面がある場合は施工が難しいです。
アスファルト防水は、液体のアスファルトとシートを重ねることで、優れた耐久性を発揮します。
ただ、施工中のアスファルトの臭気は強い上、施工期間は他のメンテナンスより長いというデメリットがあります。 
大型の建物でのメンテナンスでよく行われます。

まとめ

防水層は経年劣化によってメンテナンスが必要です。 
メンテナンスの方法には、防水材を塗るウレタン防水、防水シートを使うシート防水、液体のアスファルトとシートを重ねるアスファルト防水があります。 
これらのメンテナンスは、足場がよい屋上で行うので、自分で行おうとする方がいるかもしれませんが、知識や技術がある専門業者に依頼したほうがいいでしょう。 




屋上防水工事のブログもご覧ください!



大津市以外の方でも屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181