オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

守山市の方へ、ガルバリウム鋼板もメンテンスは必要です!!


葺き替え完了
守山市の皆さん、最近では軽量な事から耐震性にも優れていて、カバー工法などにも適した
ガルバリウム鋼鈑屋根(金属屋根)が人気があります。
しかし、きちんと理解しておかないといけない事があります。
金属屋根の中でもガルバリウム鋼板屋根は錆びにくく耐久性も高い事で知られていますが
業者から進められる際に、『30年、メンテナンスフリーです!』などと言われる事があると思います。
それは実は間違いなのです。耐久性が高いのは事実ですが塗り替えは必要になります。
今回はガルバリウム鋼板屋根になぜ塗り替えが必要なのかご紹介していきます。

ガルバリウム鋼板に塗装が必要な理由

皆さん、なぜ塗り替え工事が必要だと思いますか???
それは、ガルバリウム鋼板を長持ちさせるためなのです。
塗装が剥がれてしまうと、ガルバリウム鋼板が剥き出しの状態になってしまい
劣化の原因になります。
劣化を放置していると大規模な修繕が必要になり、かかる費用も高額になってしまいます。
ガルバリウム鋼板を長持ちさせる為にも、塗装の劣化には注意しておきましょう。

ガルバリウム鋼板は錆びるのか??

ガルバリウム鋼板は他の金属屋根に比べて、錆びにくいのは事実ですが
錆びにくいというだけで、錆びない訳ではないのです。
材料の中に鉄が含まれている以上、錆びにくくても塗装を行わないと錆びてしまいます。
塗装をしていないと以下のような症状が発生するかもしれません。

■赤さび
表面にキズが生じて発生する
■白さび
潮風や湿度が高い場所に発生する
■もらいサビ
他の金属のサビが移り発生する

ガルバリウム鋼板はキズが付きやすく、塗装を行わなければ錆びが深刻化してしまいます。
適切な塗装を行い、長くキレイな状態を維持できるようにしましょう。

放置すると劣化が進行して危険です!!

ガルバリウム鋼板は放置してしまうと、劣化が進行します。
それは雨風にさらされ傷が付いてしまうからです。
傷が付いたまま放置してしまうと、どんどん劣化して錆びてきてしまいます。
錆びて劣化が進行すると、雨漏りが起こり張替えになってしまうと費用が高額になってしまう事もあります。
このような事にならない為にも、定期的なメンテナンスと10~15年の塗り替えをオススメします。

塗装のタイミングについて

■色褪せが目立ってきた
ガルバリウム鋼板は色褪せが目立ってきたら、塗り替えを検討しましょう。
それは色褪せと同時に、塗膜の機能が落ちている可能性があるからです。
錆が発生してしまってからではなく、錆がない状態で塗り直すのがベストです。
色褪せしているなと感じたら、塗装を検討しましょう。

■穴や傷があるなら早急に対処する
もしもガルバリウム鋼板に穴や傷を発見したら,早急に塗り直しを行いましょう。
理由は穴や傷から赤サビが始まる可能性があるからです。
赤サビが発生してしまうと鉄を腐食しガルバリウム鋼板を弱くしてしまい最悪の場合
張替えが必要になってしまいます。
費用を少しでも抑えるためにも、穴や傷を見つけた場合はすぐに塗装しましょう。

まとめ

今回はガルバリウム鋼板のメンテナンスについてご紹介しました。
耐久性が高くてもメンテナンスや塗り直しは必要になります。

守山市の方以外でも屋根の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店まで
お気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181