オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

守山市の方へ、外壁塗装の変色はありませんか?原因について解説!!


外壁塗装1
守山市の皆さん、最近外壁の塗装が変色してきたな...や何だか変わってしまったなと
思われている方はいらっしゃいませんか??
変色してしまうのは、まず劣化を疑う事が一番なのですが原因は他にもあるんです!!
外壁の変化を感じている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

変色してしまう原因は何???

■塗膜の劣化
外壁塗装に使用されている塗料は、紫外線の影響などによって施工からある程度の年数が経つと
塗膜が劣化して変色してしまいます。
紫外線に分子の接合を壊してしまう働きがある事が原因として挙げられています。
塗膜に紫外線が当たると、表面の分子配合が次々と壊されていき表面がザラザラになってしまいます。
このような理由で老朽化した塗膜は光の反射が不規則になってしまい変色してしまうのです。

■サビによる劣化
金属製の外壁材に塗装していたり、外装に金属を使用している場合はサビによる塗装の変色が起こります。
これは雨で溶けだしたサビが塗膜表面で流れる事で、塗装の成分と結合して色素が定着してしまうのが理由です。

■コケやカビによる劣化
日当たりが悪い・湿気が多い場合には外壁にコケが生えてしまいます。
この場合塗装や外壁材の隙間にコケやカビが繁殖してしまうため、緑や黒色に変色してしまいます。
放置している期間が長いとカビが塗膜の中にまで根っこを延ばしてしまうため
洗浄を行っても変色を取り除くことはできません。

■施工不良による劣化
塗装工事では、下塗り・中塗り・上塗りの3回の塗装をします。
この際、下地の調整が不十分だったり塗装回数が少なかったりすると変色を起こしてしまう事があります。
塗装回数が少ないと塗膜の厚みが薄くなるため、紫外線による劣化が起こりやすく
耐用年数よりも短い期間で変色を起こしてしまうでしょう。

変色してしまった際の対処方法

■日光による変色
紫外線や排気ガスによって白く変色してしまっている場合は、早急に対処しなければいけません。
これらの理由による変色は、塗膜そのものの劣化が進行している事が考えられます。
そのため塗装による外壁の防水が不十分な可能性が高く、腐食や雨漏りが起こりやすくなっています。
何もせずに放置してしまうと腐食が建物内部にまで進行してしまい、壁の修繕や柱の入れ替えが
必要となり、大掛かりな工事になってしまいます。

■サビによる変色
金属製の設備からサビによる変色が発生した際は、基本的に塗装そのものが劣化している
可能性は低いです。サビ除去剤などを使用して洗浄すれば元の色にする事ができるでしょう。
ただ、サビによる変色が発生している場合は建物外部に取り付けられている金属部分が
腐食してる事が考えられるため、外壁ではなくその部分に対する処置が必要となります。

■コケやカビによる変色
コケやカビに関しては、高圧洗浄や薬品を使用して洗浄し色が戻るかで判断します。
洗浄で元の色合いに戻れば塗膜の劣化はあまり進んでいないので急いで塗装工事をしなくても良いでしょう。

■施工不調による変色
変色・剥がれなどのトラブル対策として、施工会社が独自に保証を行っている事があります。
保証期間内に何かトラブルが発生したらすぐに連絡をして再施工を行ってもらいましょう。
期間が過ぎてしまっている場合でも塗装のが変色や剥がれなどがある際は
塗装による表面保護が失われている事があるので早めに対処しましょう。



まとめ

今回は外壁塗装の変色についての原因や対処法についてご紹介しました。
変色については色々な原因がある事が分かりましたね。
まず、外壁や屋根の変色や剥がれ等がある場合には業者に見てもらいましょう。

守山市の方以外でも屋根の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店まで
お気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181