オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の皆さんへ、屋根裏の断熱リフォームについて説明します


2594290_s
ストーブなど暖房機器で暖まった空気は、室内空間の上へ上へと移動していきます。 
いくら、気密性が高いサッシやドアなどを設置しても、屋根裏から屋根へ暖かい空気が抜けてしまうと、室内空間はよく暖まりません。
暖房機器を必要以上に使うと電気代などが高くなってしまうので、屋根裏の断熱リフォームがおすすめです。
ここでは屋根裏の断熱リフォームについて紹介します。

屋根裏の断熱リフォームの種類について

屋根裏の断熱リフォームは屋根裏に断熱材を貼り付けることで、室内空間で暖まった空気を外に逃がさないようにします。
断熱リフォームには、断熱材を貼り付ける断熱リフォームと断熱材を吹き付ける断熱リフォームがあるので紹介します。

断熱材を使った断熱リフォームについて

断熱材を使った断熱リフォームでは、繊維系の断熱材もしくは発泡プラスチック系の断熱材を使います。
繊維系の断熱材には、ガラス繊維を使ったガラスウールや、石灰などを使ったロックウールがあります。
ガラスウールは湿気に強く、ロックウールは不燃材となっています。
ガラスウールとロックウールを組み合わせて屋根裏に貼り付ける場合もあります。

断熱材を吹き付ける断熱リフォームについて

屋根裏に吹き付ける断熱リフォームでは、セルローズファイバーや発泡ウレタンを使います。
セルローズファイバーは、カビに対して強く、健康被害も少ないといわれています。
発泡ウレタンは、とても柔らかく、気密性が高い素材です。
屋根裏に吹き付ける断熱リフォームは施工がしやすい上、施工日数も少ないです。

まとめ

屋根裏の断熱リフォームでは、屋根裏に断熱材を貼り付けたり、吹き付けたりして、室内空間で暖まった空気を外に逃がさないようにします。
断熱材を使った断熱リフォームではガラスウールやロックウール、断熱材を吹き付ける断熱リフォームではセルローズファイバーや発泡ウレタンを使います。 

草津市以外の方でも屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181