オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の皆さん、煙突の役目・種類について


皆さんは煙突ってご存知だと思いますが、煙突の役目についてまでしっかりと把握していますでしょうか?
煙突があることによってどうなるのか、そして煙突の種類についても徹底解説していこうと思います。
是非参考にしてみてください。
雪止め金具取付け完了
煙突の役目について

意外と皆さんの中にも煙突の役目について理解していないといった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
煙突自体はとても馴染のあるものではありますが、煙突の役目について知らないといった方も現代は多いような気がします。
そんな煙突の本来の役目に関しては煙突の役目は煙を換気することとなっています。

薪ストーブに関してはファンによる強制換気は行いませんが、ドラフトの力で排煙を行い、その際の起きる上昇気流によって適切な給気を行っています。
そしてここからはそんな煙突の主な種類について解説していこうと思います。

煙突の種類

シングルタイプ

シングルタイプの煙突に関してはステンレスを丸めたシンプルな煙突となっており、煙突の周辺まで温かくすることが可能となっています。
ですがデメリットとして断熱性に劣ることが挙げられます。
それによって外気の影響を受けやすくなっており、ドラフト現象が起こりにくくなってしまいます。

断熱二重タイプ

断熱二重タイプの煙突に関しては薪ストーブの煙突に最も最適タイプとなっています。
煙突が二重構造になっているのが特徴となっており、間に断熱材が含まれています。
外気の影響を受けにくいのが断熱二重タイプの特徴となっており、ドラフトを起こしてスムーズに排煙を行うことが可能となっています。



まとめ

今回は煙突の役目・種類について徹底解説してきました。
煙突の役目に関しては煙を換気することとなっています。
今回紹介した種類に関してはシングルタイプ・断熱二重タイプとなっています。

大津市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181