オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へ、屋根の塗り替えで使う塗料


442602_s-1
屋根の塗り替えを行う際に色は住宅のイメージを決める重要な要素です。
ただ、塗料には色以外にも種類があり、選ぶ際のポイントがあるので紹介します。

ポイント①:油性か?水性か?

塗料には、着色するための顔料や保護するための樹脂、溶かすために液体などが含まれています。 
油性の塗料にはシンナーなどの有機溶剤、水性には水が使われています。
油性の塗料のメリットは優れた耐久性を発揮することです。 
水性の塗料のメリットは臭気が少なく、扱いやすいことです。

ポイント②:樹脂で選ぶ

塗料に含まれる樹脂の違いから大きくウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料に分けられます。  
それぞれの塗料は値段も異なり、安い順に並べるとウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料になります。  
耐久性では、ウレタン塗料は8~10年、シリコン塗料は10~15年、フッ素塗料は15~20年となっています。 

例えば、フッ素塗料の値段は高いですが、耐久性があるので、塗り替え頻度が少なくなり、結果的にランニングコストが抑えられるというメリットがあります。 
 屋根は外壁などに比べて、雨や雪を直接受け止めるために塗料の劣化が早く進行します。 
そのため、外壁で使う塗料に比べ、屋根で使う塗料のほうが耐久性があるものを選ぶのがポイントです。
ただ、どんなに高性能な塗料を選んでも、しっかりした専門業者に塗り替えを依頼しないと、塗料の性能を発揮させることは不可能です。

まとめ

油性の塗料のメリットは優れた耐久性を発揮、水性の塗料のメリットは臭気が少なく、扱いやすいことです。  
フッ素塗料はウレタン塗料やシリコン塗料に比べ、値段は高いですが、耐久性があるので、塗り替え頻度が少なくなり、結果的にランニングコストが抑えられます。 
外壁で使う塗料に比べ、屋根で使う塗料は耐久性があるものを選ぶのがポイントです。  

大津市以外の方でも屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181