オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の皆様、屋根の色を決める際のポイントやカラーシミュレーションについて


943404_s
新築や塗り替えで屋根の色を決める際に迷う事があるかもしれません。
屋根に塗られた塗料は、紫外線や雨水に晒されるため、劣化しやすいといわれているので塗り替えの際は、色を変えることで住宅のイメージを変えるチャンスでもあります。
ここでは、屋根の色を決める際のポイントやカラーシミュレーションについて紹介します。

屋根の色を選ぶ際のポイントは外壁やサッシの色

屋根の色を選ぶ際は外壁やサッシの色とマッチさせることが重要です。 
屋根と外壁、サッシは同系色でまとめることがポイント。 
例えば、明るいブルーの外壁の住宅には、屋根はダークブルーやネイビーといった色が良くマッチします。 
屋根は濃い色、外壁は薄い色を選ぶことで住宅が締まった印象にもなります。

カラーシミュレーションのメリットやデメリットについて

カラーシミュレーションは屋根の色を決める際に便利なシステムですがメリットとデメリットがあるので紹介します。
カラーシミュレーションでは、屋根と外壁の色の組み合わせが自由に行えるメリットがあります。
施工業者がお客さんの要望を掴みやすいといったメリットもあります。
カラーシミュレーションの色と実際に屋根に塗られた塗料の色は全く同じにはならないデメリットがあります。 
カラーシミュレーションでは屋根にできる影や光の加減まで反映できないことが多いので、実際に屋根に塗られた塗料の色のイメージとは若干異なるデメリットがあります。

まとめ

屋根の色を決める際のポイントについて紹介しました。 
屋根と外壁、サッシは同系色でまとめ、屋根は濃い色、外壁は薄い色を選ぶことで住宅が締まった印象になります。 
カラーシミュレーションの色と実際の塗料の色は全く同じにはならないです。  

大津市の方以外でも屋根の塗替えなど興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181