オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へ、コケが生えにくい塗料や屋根は?


3542185_s
コケが屋根に生えることで見た目にも悪くなるだけではなく、放置しておくと屋根の寿命も短くしてしまうことがあります。
一方、せっかく外壁を塗替えても、コケが生えた屋根ではイメージがダウンしてしまいます。 
ここではコケを生えにくい塗料や屋根について紹介します。

コケを生えにくい塗料について

塗料は大きく分けて艶がある塗料と艶がない塗料があります。 
艶がある塗料は、表面にコケの胞子が付着しづらい傾向があります。 
コケを生えにくくするためには艶がある塗料で屋根を塗装することをおすすめします。 

一方、塗料の中には防カビ効果がある塗料があります。 
防カビ効果がある塗料はコケに対しても効果が期待できるのでおすすめです。 
紹介したように艶があり、防カビ効果がある塗料で屋根を塗装するとコケが生えにくいです。

コケを生えにくい屋根について

コケは雨水や土が溜まりやすい凹んだ場所に生えやすいです。 
可能な限り平坦な屋根を選ぶことで、コケが生えにくくなります。 
金属屋根の中にでも、ガンバリウム鋼板は汚れが付着しづらいため、カビも生えにくい傾向があります。 

瓦の中には、いぶし瓦や釉薬瓦といった種類があります。 
釉薬瓦は粘土を練って成形した後、焼成する前に釉薬を塗ります。 
釉薬によって表面がツルツルになるので、表面にコケの胞子が付着しづらい傾向があります。 
紹介したようにガンバリウム鋼板や釉薬瓦を屋根材に選ぶことで、コケが生えにくくなります。

まとめ

艶があり、防カビ効果がある塗料で屋根を塗装するとコケが生えにくいです。 
また、ガンバリウム鋼板や釉薬瓦を屋根材に選ぶことで、コケが生えにくくなります。  
コケが生えた屋根を放置しておくと屋根の寿命も短くしてしまうことがあるので、紹介した塗料や屋根材などを選ぶことをおすすめします。 

大津市以外の方でも屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181