オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の皆様へ、屋根に取付ける雪止めのメリットやデメリット


1455612_s
雪止めを屋根に装着することで、降雪地域に住んでいる人は安心して生活を送ることができます。
ただ、雪止めを装着することでメリットとデメリットがあるので紹介します。

雪止めとは?

雪止めは、屋根の雪が一度に地面へ落下することを防ぐ役割りがあります。 
雪止めを屋根に設置することで、落雪によって周囲の家にある植木やカーポート、自動車が傷まないようにできます。

雪止めのメリットにつて

雪止めは落雪によって周囲の家にある様々なものを破損することを防ぐメリットがあります。 
通常、落雪の被害は自分の家には保険が適用しますが、周囲の家にあるものは保証されないことが殆どなので、注意しなければなりません。 

一方、雪止めが付いていないために、雨樋に溜まってしまった雪の重みによって、雨樋が変形したり、破損したりすることがあります。 
同様に軒先に溜まってしまった雪の重みによって、軒先が歪んでしまうこともあります。

雪止めのデメリットについて

いわゆる豪雪地帯に建てられる住宅に雪止めを取り付けることは少ないです。
理由は、屋根に積もった雪を降ろす際に、雪止めが邪魔になってしまうからです。 
雪止めがないほうがスムーズに雪下ろしができる訳です。 

一方、雪止めによって屋根に積もった多量の雪によって住宅自体に負担がかかる場合があるので注意が必要です。 
また、雪止めの取り付けがいい加減だったり、屋根に合わなかったりすると、雨漏りの原因になることがあります。

まとめ

雪止めを取り付けることで、落雪によって周囲の家にある植木やカーポート、自動車が傷まないようできます。 
雪止めがあることで、雪が雨樋に溜まってしまい、雨樋が変形したり、破損したりすることを防止できるメリットがあります。 
雪止めのせいで屋根に積もった雪の重みによって住宅自体に負担がかかるデメリットがあります。  

大津市以外の方でも雪止めに興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181