オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へ、破風板が劣化する原因について


3169128_s-1
破風板(はふいた)は切妻屋根のケラバに装着する板のことです。
破風板には、横や下からの強風、斜めや横からの雨から屋根を守る役割があります。
ここでは破風板が劣化する原因などについて紹介します。

破風板が劣化する原因について

雨水や紫外線によって木製の破風板の塗装が劣化して剥がれてしまうと腐食の原因になります。  
腐食した破風板に穴が空くと、屋根の中に雨水が侵入。 
金属製の破風板は、雨水によって塗装が劣化し錆びついて穴あきが発生して屋根の中に雨水が侵入します。  
塗装が雨水などで劣化しないように定期的に塗り替えを行います。

 一方、屋根に積もった雪が地上に落下する際に破風板を傷付けてしまい劣化させることもあります。 
潮風に含まれる塩分によって住宅などが劣化してしまうことを塩害といいます。  
塩害によって破風板の塗装が劣化して剥がれてしまうと腐食します。

破風板を修理するタイミングについて

破風板を雨水や紫外線から保護するのは塗装です。
塗装は劣化すると色あせやチョーキング現象が発生します。
チョーキング現象は塗装が白い粉がふいたような状態になり、塗装の機能が低下します。

チョーキング現象が発生したタイミングで塗り替えを行うことが望ましいです。 
チョーキング現象を放置しておくと、塗装が剥がれたり、コケなどが発生したりします。 
更に劣化が進行すると、破風板がひび割れたり、破損したりするようになります。 
ここまでくると破風板を交換しなければならないので、専門業者の点検でチョーキング現象を発見し、塗り替えを行いましょう。

まとめ

雨水や紫外線によって木製の破風板の塗装が劣化して穴が空くと、屋根の中に雨水が侵入してしまいます。
塗装が雨水などで劣化しないように定期的に塗り替えを行います。 
塗装にチョーキング現象が発生したタイミングで塗り替えを行うことが望ましいです。  

大津市以外の方でも屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181