オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

守山市の方へ、台風に強い屋根について解説します!!


cyclone-2100663_1920-columns1
守山市の皆さん、ここ最近は毎年のように大型の台風がやってきて被害も大きいですね。
いつやってくるか分からない台風に備えて、今回は台風に強い屋根についてご紹介します。

これから家を建てる方も、すでにご自分の家をお持ちの方も
ぜひ参考にして頂きたいと思います。

台風に強い屋根材を選ぶ際のポイント

■耐風機能
屋根が強風を受けてしまうと屋根にズレが生じたりめくりが起こってしまったり
雨漏りが起こる場合があります。
台風が来ればもちろんの事、屋根にも強い衝撃が加わります。
風によって屋根材が剥がれてしまい飛散すると近隣の方の車や家にぶつかってしまったり
最悪の場合は人に直撃するケースもあります。
そのような事が起こらないために、強風でも変形を起こさない頑丈な耐風機能が備わっている
屋根材を選ぶ必要があります。

■防水性能
台風が来ると様々な方向から強い雨が吹き込んできます。
なので、どの角度の雨にも耐える事ができるように建物の上部を隙間なく覆ってくれる
屋根材を選ぶ必要があります。
防水性能が備わっていても、屋根の塗装の剥がれやひび割れがあればそこから水が侵入してしまいます。
防水性能だけではなく、耐久性と耐食性にもこだわりたいところです。


台風による各屋根材のメリットについて

■瓦
瓦は屋根材の中で最も重いので、強風にも飛ばされません。
それに防水性がとても高く悪天候の際に十分に効果を発揮してくれます。
ですが暴風域に入ってしまうといくら瓦であっても飛ばされてしまう危険性があるので
しっかりと固定できる工法を選びましょう。

■スレート
スレートは強風でも簡単にズレたり剥がれたりしません。
それにスレート自体には防水性はありませんが、高い防水効果を誇っている塗膜が
雨水の侵入を防いでくれます。

■ガルバリウム鋼板
ガルバリウム鋼板は屋根材同士の隙間がとても少ないので強風に煽られても剥がれにくく
非常に高い防水性を誇っています。

まとめ

今回は台風に強い屋根材についてご紹介しました。
皆さんもご自宅の屋根の葺き替えの際などにぜひ参考にしてください。

守山市の方以外でも屋根の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店まで
お気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181