オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へ、スレート屋根の板金について


3092780_s-1
スレート屋根の屋根材の傷みに関しては注目されることは多く、修理に関してよく解説されています。
ただ、スレート屋根にはいくつかの板金が使われており、経時劣化などで傷んでしまうと、雨漏りなどが発生することがあります。
ここではスレート屋根の板金について紹介します。

棟板金について

棟板金は屋根の一番高い場所(棟)にある貫板に釘で固定されています。 
棟板金は日々膨張と収縮を繰り返すことで釘が抜け出す不具合が発生します。 
釘が緩んでしまった棟板金は、台風などによる強風に煽られやすくなり、変形したり、吹き飛んでしまったりすることがあります。 

また、木製の貫板は雨水などによって腐食してしまうこともあります。 
腐食した貫板では棟板金をしっかり固定することはできません。 
棟板金が吹き飛んで、人や車などに当たってしまい事故になる可能性があるので十分気を付けなければなりません。 
抜け出した釘は再び打ち付けてシーリングを塗り、腐食した貫板は新しい貫板に交換して修理します。

谷どい板金について

屋根と屋根を谷の形で取り合う谷部に取り付けられているのが谷どい板金です。 
谷部には雨水や枯れ葉、ゴミなどが集中しやすいので、谷どい板金も傷みやすい傾向があります。 
谷どい板金が錆びついて穴が空いてしまうと雨漏りの原因になります。 

最近では耐久性の高いガルバリウム鋼板やSGL鋼板でできた谷どい板金を、使うことが多くなりました。 
屋根によっては谷部に多くの雨水が集中することがあり、ステンレス製の谷どい板金を取り付けることをおすすめします。

まとめ

スレート屋根の板金について紹介しました。 
釘が緩んでしまった棟板金は、強風に煽られやすくなり、変形したり、吹き飛んでしまったりすることがあるので、注意が必要です。 
屋根の谷部には雨水などが集中しやすいので、谷どい板金も傷みやすいです。 
このようなスレート屋根の不具合は、専門業者に点検してもらうことで発見されることが多いです。 

大津市以外の方でも屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181