オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方へ、屋根の塗装が剥がれる原因


1678938_s
屋根の塗装は、日々過酷な環境に晒されており、いずれは塗り替える時期がきます。
屋根の塗装が剥がれるのは、経年劣化と施工不良があるので紹介します。

屋根の塗装に発生する経年劣化について

通常の塗料の耐用年数は9年前後といわれることが多く、耐用年数を過ぎて塗装が剥がれたら経年劣化と考えてよいかもしれません。
経年劣化は日光や雨の影響によって発生しますが、いきなり塗料が剥がれることは稀で、まず、褪色したり、粉がふいたようになるチョーキング現象が発生したりすることがあります。
屋根の塗装が褪色したら塗り替えを検討し、チョーキング現象が発生したら塗り替え時期となります。
屋根の塗装の褪色やチョーキング現象は、なかなか気付かないことが多いので、専門業者に依頼して点検することをおすすめします。

屋根の塗装の施工不良について

新築の住宅や塗り替えで屋根の塗料が1~2年程度で剥がれてしまうことがあったら、施工不良の可能性が高いです。
塗装の施工不良が発生する原因には、ケレンなど下地処理や高圧洗浄が不十分な場合があります。

また、塗装の際は、下塗り後、中塗り、上塗りが行われますが、下塗り後、十分乾燥させずに、次の行程に移ってしまうと、すぐに塗装の剥がれが発生することがあります。
塗料の希釈を誤ったり、塗り回数が少なかったりするとすぐに塗装の剥がれが発生することがあります。

まとめ

屋根の塗装が剥がれる原因には、経年劣化と施工不良があります。 
経年劣化では、いきなり塗料が剥がれることは稀で、まず、塗装が褪色したり、粉がふいたようになるチョーキング現象が発生したりすることがあるので、専門業に依頼して点検することをおすすめします。
 塗装の施工不良が発生する原因には、ケレンなど下地処理や高圧洗浄が不十分な場合や、塗料の乾燥が不足している場合があります。 

高島市の以外の方でも屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181