オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の皆さん、トタン屋根を塗り替えるポイント


1168383_s-1
トタン屋根に使われてトタンは、軽量で価格も安いため、住宅に普及した屋根材です。 
ただ、瓦やスレートと比較すると耐用年数は短いといったデメリットもあります。 
ここではトタンを塗り替える際のポイントについて紹介します。

トタン屋根を塗り替える際の3つのポイントについて

トタン屋根を塗り替える際には、サビの処理、目荒らし、塗膜の厚さについて紹介します。
トタン屋根は金属でできているので、塗り替えを行う場合はサビの処理が必要な場合があります。
サビが進行してトタンが薄くなってしまっている場合は、補修してから塗り替えを行います。
トタンがサビによって穴が開いてしまわないように定期的な点検と補修は必ず必要です。
トタン屋根を塗り替える際は、サビや剥がれかけた塗料はケレンという作業によって除去します。
ケレンは手間がかかる作業ですが、しっかり行わないと塗料の耐用年数が短くなります。
塗り替えの際にサビや剥がれかけた塗料が無い場合でも、ヤスリなどを使って塗料の表面を傷つける目荒らしを行うことで、塗料がトタンにしっかり密着するようになります。
塗膜の厚さは、厚くても薄くても、塗料の耐久性は下がってしまうことがあります。
そのため、塗料に書かれている希釈度などをしっかり守って塗り替えを行うことは重要です。

まとめ

トタンを塗り替える際は、サビが進行してトタンが薄くなってしまっている場合は、補修してから塗り替えを行うことがポイントです。
ヤスリなどを使って塗料の表面を傷つける目荒らしを行うこともポイント。
塗料に書かれている希釈度などをしっかり守って塗り替えを行います。 
トタンは錆びやすく耐用年数も短いため、専門業者に依頼して定期的に点検してもらい、必要に応じて修理を行うことは重要です。  

高島市以外の方でもトタン屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181