オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へ、天窓の劣化について


家の天窓が劣化してきてしまったという方いらっしゃいますでしょうか?
天窓も屋根などと同じように月日が経つにつれてどんどん劣化していきますし、そのまま劣化を放置してしまうと屋根と天窓の隙間から雨水が侵入してきてしまう可能性があります。
天窓は経年劣化によって天窓と屋根の隙間を塞いでいる樹脂製の防止剤が劣化してしまうのが原因となって、雨漏りが起こってしまいます。

そのように雨漏りが起こってしまうと今後このようなことが起こらないようにと天窓を撤去してしまうといった方も多いようです。
では天窓を撤去する場合には一体どのくらいの費用が掛かってきてしまうのでしょうか?
そして天窓の寿命はどのくらいなのでしょうか?
man-4933882_1920-4-columns1
天窓の寿命について

そもそも天窓の寿命ってどのくらいなのか把握しておかないと、雨漏りを防ぐことすら出来ないかもしれません。
天窓の寿命に関しては約25年が目安とされています。
これはあくまでも目安の年数となっていまして、仮に天窓に雨染みが複数個所出来ていたりした場合には、既に寿命を迎えている可能性が高いので注意が必要になってきます。

天窓を撤去する場合にかかる費用について

実際に天窓を撤去してしまうといった方も近年増加しており、その際に一体いくら必要になってくるのか把握しておきたいですよね。
実際に天窓を撤去して屋根をカバーする方法にかかる費用に関しては、標準規格程度一箇所あたりの相場で天窓解体除去・種の補修葺き替えで約30万円となっています。
天窓を実際に撤去するとなると高額な費用がかかってしまうので、あらかじめ本当に天窓は必要なのかどうかしっかり考えましょう。


まとめ

今回は天窓を撤去したいという方必見!天窓の劣化についてお話してきました。
天窓を撤去する際には高額な費用がかかってしまいますし、天窓の寿命は約25年となっているのでしっかりと理解した上で天窓を取り付けるか判断しましょう。

屋根のことでお悩みの方は
大津市以外の方でも街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181