オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の方へ、折半葺き屋根の塗り替えについて


1574526_s
折半葺き屋根は工場や倉庫に使われる屋根です。
屋根材を固定したアンカーボルトなどが雨水によってサビが発生することがあります。
そのため、折半葺き屋根の塗り替えを行う際は、アンカーボルトなどを処理しなければならないので紹介します。

折半葺き屋根を塗り替える際の3つのポイント

折半葺き屋根を塗り替える際に、アンカーボルトやナットのサビ落とし、ルーフキャップの装着、塗料といった3つのポイントを紹介します。
アンカーボルトやナットは屋根材を固定する重要な部材なので、塗り替えを行う場合は、しっかりしたケレンと防錆処理を行わなければなりません
具体的にボルト類に錆止め塗料を塗布することでサビを抑制します。
しっかりした塗り替えを行っても水はけが悪いボルトの部分にはサビが発生しやすいです。
ボルトキャップを装着することで、ボルトの部分が錆びることを抑制できます。
真夏、屋根はかなり表面温度が上昇します。
そのため、塗り替えを行う際は、優れた断熱性を発揮する断熱中塗り材や遮熱塗装を使うことで、熱伝導率を低く抑えることが可能です。

一方、折半葺き屋根の多くは、雨音などの騒音が気になります。
そのため、塗り替えを行う際は、防音遮熱塗装を使うことで、制振の塗膜機能が働く上、遮熱機能が赤外線を反射し優れた遮熱効果を発揮するようになります。

まとめ

折半葺き屋根の塗り替えを行う際は、アンカーボルトなどを処理しなければならないです。 
ボルトに錆止め塗料を塗布したり、ボルトキャップを装着したりすることで、サビを抑制します。 
折半葺き屋根の塗り替えでは断熱中塗り材や遮熱塗装を使うことで優れた断熱性を発揮するようになります。  
また、防音遮熱塗装を施すことで優れた遮熱効果などを発揮するようになります。 

草津市以外の方でも折半葺き屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181