オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の皆さん、モニエル瓦の塗装時に注意するべきこと


皆さんはモニエル瓦って聞いたことありますでしょうか?
ただの瓦であれば聞いたことがある方が多いと思いますが、もしかしたらモニエル瓦には馴染のないといった方が多くいらっしゃるかもしれません。

そこでモニエル瓦はどんなものなのか、そしてモニエル瓦の塗装を行う際に注意しなくてはいけないことは何なのかということについてお話ししていこうと思います。
モニエル瓦
引用:永建工業
モニエル瓦の特徴について徹底解説

そもそもモニエル瓦ってどんな屋根材なの?って思っている方もいらっしゃると思いますのでモニエル瓦の特徴についてお話していきます。
モニエル瓦はセメント製の屋根材となっており、アスベストを一切使っていない屋根材となっています。
耐久性と耐水性にとても優れており、断熱性・デザイン性も豊かになっているのでとても多くの方に愛用されてきた屋根材となっています。

そんなモニエル瓦は現在は生産されていません。

モニエル瓦の塗装を行う際に注意するべきことについて

モニエル瓦に関しては表面がとてもなめらかになっており、この層のことをスラリー層と呼んでいます。
モニエル瓦の塗装を行う際にはこのスラリー層しっかりと剥がさなくてはいけないので注意が必要になってきます。
スラリー層をしっかりと剥がすことが出来ていなかった場合には、瓦に雨水が浸透してしまい、雨漏りの原因となってしまったり、強度が低下してしまう可能性があるので細心の注意が必要になってきます。


まとめ

今回はモニエル瓦の塗装時に注意するべきこととは?そしてモニエル瓦の特徴について解説してきました。
モニエル瓦に関しては現在は生産されていませんが、塗装の際にしっかりとスリラー層を除去しておかないと雨漏りの原因や強度の低下に繋がるので注意が必要です。

屋根のことでお悩みの方は
大津市以外の方でも街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181