オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へ、屋根のカバー工法について


これから屋根をリフォームしたいと考えている方もいらっしゃると思います。
そこで屋根をリフォームするときにはどんな方法があるのか知っておきたいですよね。
実際に屋根をリフォームする際に用いられる方法としては2つ存在しており、カバー工法と葺き替え工法があります。

今回はカバー工法でリフォームを行うメリット・デメリットについてお話していこうと思います。
ガルバリウム鋼板でカバー完了
カバー工法について

そもそもカバー工法とは一体何なのか?ということについて分からない方のためにお話していきたいと思います。
カバー工法とはリフォーム工事向けに主に行われている工法となっています。
スレート瓦を例に出して話していくと、スレート瓦は耐用年数をオーバーしてしまうと塗装による補修を行うことが出来なくなってしまいます。

なので葺き替え工事を行わなくてはいけなかったのですが、カバー工法が出来たことによって費用を抑えてリフォームを行うことが出来るようになりました。

カバー工法のメリットについて

カバー工法のメリットとしては費用を抑えてリフォームを行うことが出来ること、そして屋根の性能が向上することです。
カバー工法は既存の屋根材に重ねて屋根材をはるので、断熱性や防水性能が向上します。
そして工事を行う機関もとても短いのでありがたいのもメリットとなっています。

カバー工法のデメリットについて

カバー工法のデメリットとしては屋根の重量が増加するので建物にかかってしまう負担が増えます。
つまり耐震性が下がってしまいます。


まとめ

今回は屋根をカバー工法でリフォームするとどんなメリット・デメリットがあるのかということについてお話してきました。
カバー工法を行う上で1番のメリットはやっぱり屋根の性能が向上することです。
2重に屋根材が重なる分、断熱性や防水性能が向上します。

屋根のことでお悩みの方は
大津市以外の方でも街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181