オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方注意、ザルフは劣化しやすいって本当?


皆さんはザルフトは一体何か知っていますでしょうか?
ザルフなんて聞いたことないといった方も中にはいらっしゃると思います。
そんな方のためにこの記事ではザルフとは一体何なのかということについてお話ししていこうと思います。
もしこれから家を購入するといった方や、屋根に興味がある方などがいましたら、是非参考にしてみてください。

ザルフ
ザルフとは一体何なのか?

ザルフとは正式名称はザルふグラッサ屋根と呼ばれており、石綿が入っていないタイプとなっている屋根材のことを言います。
ザルフグラッサに関しては劣化を起こしてしまうと、とても悪くなってしまうといった特徴があります。
しかもそれに補修を行って塗装をしたとしても、持たせることが出来ない屋根材となっています。

ザルフグラッサに関しては発売された当初は皆さんも一度は聞いたことがあるであろうカラーベストの代表とも言える「コロニアル」よりもさらに上級の屋根材として発売されたものです。
しかし近年ではトラブルが多くなってきてしまっているのが現状です
トラブルの原因としましては屋根材が反りあがってしまったり、ひび割れが頻繁に起こってしまったりといったことが挙げられます。

特にザルフグラッサに関してはひび割れがとても起こりやすい屋根材となっていますので、ひび割れが起こることによって割れた破片が落下することも充分に考えられますので、とても注意が必要です。
大体劣化症状がみられるようになってくるのは使用してから約10年といったところでしょう。
そのためとても注意が必要になってくる屋根材となっています。

まとめ

今回はザルフとは一体どんな屋根材なのかについて、そして劣化しやすいって本当かどうかお話してきました。
ザルフは屋根材が反りあがってしまったり、ひび割れが起こりやすいので使用する際には十分に注意が必要だと考えます。

屋根のことでお悩みの方は
大津市以外の方でも街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181