オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へ、トタン屋根で発生した雨漏りの対処法


1010217_s
トタン屋根は値段の安さがあって普及してきましたが、他の屋根材と比較して耐用年数が短いこともあって、穴空きによる雨漏りが発生することがあります。
ここではトタン屋根が劣化して雨漏りが発生した際の対処方法について紹介します。

トタン屋根の応急処置について

雨漏りは放置しておくと、家自体に影響を及ぼすことが懸念されるため、雨漏り箇所を特定して早急に応急処置しなければなりません。
雨漏り箇所を特定できる場合は、シーリング材を充填したり、防水テープを貼ったりして応急処置します。
シーリング材や防水テープはホームセンターなどで売っているもので十分です。

雨漏り箇所が特定できない場合は、ブルーシートで屋根を覆って、土嚢やテープを使って固定します。
どちらの応急処置であっても、屋根に上っての作業となるので、専門業者に依頼して下さい。

トタン屋根のカバー工法について

トタンの雨漏りが酷くなり、カバー工法で新しいトタンを被せることがあります。
カバー工法では、既存のトタンを撤去せずに、新しい下地材やトタンを被せるため、施工費用を抑えられる反面、重量増になるので、住宅へ負担が大きくなるようになります。

トタン屋根の葺き替えについて

酷い雨漏りを確実に修理する方法が葺き替えになります。
ただ、カバー工法と異なり、既存のトタンや下地材を撤去し廃却するため、施工費用が高くなることがあります。
葺き替えについては、業者の話をしっかり聞いて、慎重に決めたほうがいいでしょう。

まとめ

トタン屋根が劣化して雨漏りが発生した際の対処方法について紹介しました。
雨漏り箇所を特定できる場合は、シーリング材や防水テープで応急処置します。
雨漏り箇所が特定できない場合は、ブルーシートで屋根を覆って、土嚢やテープを使って固定します。
カバー工法は葺き替えより、施工費用を抑えられるメリットがあります。  

大津市以外の方でもトタン屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181