オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へ、瓦屋根の棟が劣化する原因


2912480_s
棟にある棟瓦と桟瓦の隙間を埋めるために漆喰が使われています。
現在では石灰や炭酸カルシウム、繊維を混合した南蛮漆喰と称されるものが使われてこともあります。
ここでは漆喰が劣化する原因について紹介します。

瓦屋根は棟が劣化する原因について

石灰が主成分の漆喰は、雨水の浸入を防止する効果があるので、棟瓦と桟瓦の隙間を埋めるために使われています。
漆喰は棟部の葺き土の上から厚み1cm前後で塗布されていることが多いです。

 漆喰は、雨水や雪などにより葺き土が流されないようにするための他に見た目にも綺麗に仕上げるために塗布されています。 
漆喰にひび割れが発生することで葺き土との隙間ができて、漆喰と葺き土が密着していない状態で、雨や風に晒されることで、漆喰が剥がれます。 
漆喰が剥がれてしまい、露出した葺き土が雨水に触れることで流れ出してしまい棟が崩れるなどの劣化の原因になります。

棟の劣化を対策する方法について

棟の劣化に対して漆喰の詰め直しで対応する場合、漆喰の替わりに南蛮漆喰を使うと効果的です。
南蛮漆喰を使うことで葺き土との隙間ができなくなります。

南蛮漆は防水材のため、雨水による浸食も少ないので安心です。
南蛮漆喰を上手く使う事で、瓦と同じような耐用年数になることもあり、メンテナンスを減らせる場合があります。

まとめ

瓦屋根の棟が劣化する原因について紹介しました。 
棟に使われている漆喰が経年劣化で剥れてしまい、露出した葺き土が雨水に触れることで流れ出すことで、棟が崩れるなどの劣化の原因になります。 
南蛮漆喰を使うことで葺き土との隙間ができなくなる上、南蛮漆喰は防水材のため、雨水による浸食も少ないです。 
棟が劣化については、住んでいる方は気付かないことがあるので、専門業者に依頼して点検してもらって下さい。  

大津市以外の方でも瓦屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181