オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へ、瓦を取り替える時期とメリット


桟瓦補修状況
瓦葺き状況
瓦載せ
淡路瓦補修状況
屋根材の中でも日本瓦の耐用年数は特に長く、建物の耐用年数と同じ程度ある場合もあります。
そのため、瓦を取り替える必要がないといわれていますが、瓦も進化しており、取り替えることでメリットがあります。
ここでは瓦を取り替える時期とメリットについて紹介します。

瓦を取り替える時期について

瓦には色々な種類があり、日本瓦であっても釉薬を使った瓦の耐用年数は60年程度、釉薬が使わない瓦は40年程度となっています。
釉薬を使った瓦は艶があるので、屋根を眺めて確認して下さい。

一方、セメント瓦の耐用年数は短く20年程度です。
耐用年数が過ぎたとしても、すぐに瓦に不具合が発生する訳ではありませんが、取り替える時期になっていることは確かです。

瓦を取り替えるメリットについて

瓦の取り替えには高額な費用がかかるため、できるだけ避けたいと思われる方は多いとは思います。
ただ、瓦を取り替えることでメリットがあるので紹介します。
近年、地震などの災害が多いため、防災瓦が注目されており、既存の瓦から防災瓦に取り替える方もいます。
防災瓦は通常の日本瓦と比較して軽いため、建物への負担が少なくなり耐震性が向上するメリットがあります。
瓦屋根は瓦自体の耐用年数は長くても、下地などを定期的に修繕しなくてはならないです。
瓦の取り替えと同時に下地などを新しくすることで、雨漏りなどの不具合を減らせるので安心して生活ができるメリットがあります。

下地は瓦を剥がしてみないと劣化の度合が詳細に分からないことが多いので、瓦の取り替えと同時に点検して、必要に応じて交換することは効率的です。

まとめ

瓦を取り替えることでメリットがあるので紹介しました。
瓦を軽い防災瓦に取り替えることで、建物の耐震性が向上するメリットがあります。
瓦の取り替えと同時に下地などを新しくすることで、雨漏りなどの不具合を減らせるメリットもあります。
  
大津市の方以外でも瓦屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181