オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へ、屋根の汚れを放置してしまうとどうなるか


屋根の汚れを掃除がめんどくさいからといって放置してしまっている方いらっしゃるのではないでしょうか。
確かに掃除するのはめんどくさいですが、汚れを放置してしまうことによってどうなるか知っているうえで放置していますか?
そこで屋根の汚れを放置してしまうとどうなってしまうのかということについてお話していこうと思います。
劣化したコロニアル屋根別アングル
屋根の汚れを放置してしまうとどうなるのか?

屋根の汚れを放置してしまった場合に起こる現象について紹介していきます。

雨漏り
当たり前ですが屋根の汚れを放置していますと雨漏りが起こってしまいます。
屋根材の下には防水性の高い下葺き材があるので、すぐに雨漏りを起こすという訳ではありませんが、汚れを放置していると下葺き材でも雨水を防ぐことが出来なくなってきてしまい、いずれは雨漏りを起こしてしまうことになります。

カビ
屋根の汚れを放置してしまうとカビが発生することもあります。
カビなんて発生しても大したデメリットではないと思っているいらっしゃるかもしれませんが、カビが増殖してしまい屋根裏にまで繁殖してしまったら健康被害が生じる可能性もあるので注意がとても必要になってきます。
カビが繁殖することによってアレルギー性肺炎になってしまう危険性もあり、もしなってしまった命にかかわるかもしれません。

屋根内部の腐食
木造住宅の場合は雨水が侵入してしまい、濡れている状態が続くと屋根内部の木材を腐食させてしまう可能性があります。
屋根の耐久性が失われてしまうので、とても危険です。
そうならないためにも屋根の汚れは放置せずに、除去するべきだと言えます。

まとめ

今回は屋根の汚れを放置してしまうとどうなってしまうのかといったことについてお話してきました。
屋根の汚れは放置すると健康被害も生じるので、必ず掃除するべきです。

屋根のことでお悩みの方は
大津市以外の方でも街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181