オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方必見です、屋根を長持ちさせる屋根の汚れ対策について


せっかく家を購入したのであれば屋根は長持ちさせたいと思うのが普通ですよね。
屋根の寿命が短くなってしまうと補修を行う必要があるので費用もかかってきますし、最悪の場合交換をしなくてはいけなくなってしまうので良いことはありません。
そんな屋根を長持ちさせるためにとても重要になってくる屋根の汚れについてお話していこうと思います。
横からドローンで撮影
屋根の汚れの種類と影響について

砂埃
屋根の汚れに原因としてまずは砂埃が挙げられます。
砂埃が屋根に及ぼす悪影響としましては、雨水の侵入・雨樋が詰まる・コケが生えるというようなことです。
雨水の侵入に関しては、屋根材を少しずらして重ねている葺き方をしている場合は、雨水が侵入してしまう可能性があります。
砂埃が屋根に溜まってしまうことによって雨水を正常に排出することが出来なくなってしまい、雨漏りの原因となってしまいます。

それに砂埃によって雨樋が詰まってしまうこともあります。
砂埃が長い間少しずつ溜まっていくと雨樋の流れは悪くなってしまい、つまりの原因となってしまいます。

そしてコケが生える可能性もありますので注意が必要です

落ち葉
落ち葉が屋根に及ぼしてしまう悪影響に関しては雨樋が落ち葉によって詰まってしまうことによって、雨漏りや屋根内部の不足する原因となってしまいます。
特に陸屋根の方は注意がとても必要になってきます。

陸屋根には勾配が付いていないので落ち葉がそのまま屋根に溜まってしまいがちです。
そうなってしまうと落ち葉が屋根の上に溜まってしまい、放置することによって腐り、それによって屋根の劣化を早めることに繋がってしまいます。

まとめ

今回は屋根を長持ちさせるために理解すべきである屋根の汚れについてお話してきました。
砂埃や落ち葉が屋根の劣化を早めてしまう原因となりますので、こまめにメンテナンスを行う必要があります。

屋根のことでお悩みの方は
大津市以外の方でも街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181